つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

『U字溝』ロケットストーブ

 『U字溝』を使った『ロケットストーブ』の燃焼試験を行いました。

 これまで”ペール缶ロケットストーブ”や”薪ストーブ改造ロケットマスヒーター”などを作って所謂”ロケットストーブ”なるものを色々実地に使用した結果、非常に燃焼効率が良い事を実感して来ました。

 ここで更に簡単にできる”U字溝”ロケットストーブを作って試験を行ってみました。


201205191 <『U字溝』ロケットストーブ>燃焼中ですが煙が出ません

 近くのHCで溝幅150mm”のU字溝と蓋を買ってきてL字に組み合わせて本体としました。
本当に簡単に出来ますが重量が有るので安定感がありこのまま使えます。
水が入ったヤカンをエントツの上に置いても全く不安がありません。 

 このロケットストーブ、”引き”が非常に良くマッチ1本で簡単に着火しました。
着火してしばらくの間は煙が出ますが、直ぐに轟音と共に燃焼して煙もほとんど出なくなりました。
燃焼室断面は150mm四方と広く、エントツ長さも60cmと長いので安定して燃焼できていると思います。
燃焼室やエントツ廻りの断熱材処理もしてありませんが期待以上の燃焼状態でした。
これなら屋外で木を燃やしても煙が出ないので近所からの苦情もあまりないのではと思います。


201205192 <燃焼室>確り燃えています

 今回燃やしたのは薪ではなく庭のバラの剪定クズなので少し火力は弱いと思いますが、それでもヤカンの水1リットルが11分20秒で沸騰しました。
エントツの上にガスレンジ廃材の”ゴトク”を置きましたが、これはU字溝の断面積より中央の穴がかなり小さいので熱を遮断して効率が少し悪くなっていると思います。

・・・と言う事で期待通りの結果となったこの”U字溝ロケットストーブ”を使った次なる計画を進める事にしました。

2012.05.19
関連記事

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント