つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ネズミ(モグラ)対策

 結構前から庭や家の周りにネズミ(orモグラ)の穴が沢山開いていることに気が付いていました。
毎年悩まされていますが、土盛がないのでネズミだと思います。

Aネズミ穴 <ネズミ穴>

 これまでもこのネズミ対策では色々やってみました。

(1)風車
 最初は一般的に効果があると言われている『ペットボトル風車』を数個作って庭中に立てておきましたが、これは全く効果が無いように思います。


(2)トウガラシ作戦
 農家の人に対策を聞くと”地蜂取り用の煙幕(煙花火)”を穴に突っ込んでおくのが良いと言う人や、”トウガラシを燃やした煙”を穴に送り込むのが良いという人がいました。
そこで『トウガラシ煙幕送風機』を作りました。


Aトウガラシ大作戦 <直後にこの装置はあっけなく焼失しました>


 これらはいずれも”追い払い”だけで、効果があっても一時的なものでしかありません。
しばらくすれば又戻ってくる可能性がありました。

(3)落とし穴方式
 山岳会の会員の方に教えて頂きました。
農家では昔から行われている方法だそうですが、底を抜いた一升瓶を底を上にして畑の隅に埋め、中に”粉ヌカ(米ヌカ)”を入れておくのだそうです。
すると粉ヌカの好きなネズミやモグラが驚くほど良く取れるそうです。
なるほどと思えたので早速作ってみる事にしました。
しかし一升瓶を使うのは危険なので、少し変更しました。

<材料(2個分)>
 ①ホウロウ製甕・・・蓋と容器(腐食して穴が明いた物です)
 ②タジン鍋の蓋(鍋が割れて残った片割れ)+プラスチック製ゴミ箱(百均で調達)

<加工方法>
・それぞれの蓋の先端をディスクグラインダーで切断して穴を明ける。

<使い方>
・地面に穴を掘り、容器の縁が地面より僅かにとび出る位に埋める。
・容器の底に”粉ヌカ”を2握り程入れる。
・頭を切断した蓋を逆さまにして容器にかぶせる。

Aネズミトラップ <2組のネズミトラップ>

蓋の中央に明けた穴から落とす”落とし穴”です。
一旦落ちると中から逃げ出せない構造です。
しかし本当にネズミが落ちたらどうやって取り出すか少し悩んでいます。
 
 以前NHKで、家ネズミの捕獲方法を紹介していました。
ネズミは学習能力が高く、粘着式やかご状のものでは、仲間が引っ掛かったのを見ると、よけて通り2匹以上は絶対に掛からないそうです。
そこで甕に水を張り、小麦や籾殻を浮かべておくと、食べにやってきておぼれ死ぬそうです。
沈んでしまうと、上から見えないので次から次と、捕らえられるとのことでした。

 この”落とし穴”を使って色々やってみます。


2013.06.17
関連記事

Comment

非公開コメント