つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

農作業開始

201204071 <福寿草が満開でした>


 農作業を開始しました。
昨年より1週間遅れのスタートです。
ようやくいくらか温かくなって来ましたが朝はまだ氷点下で本当の春はまだまだです。
一日晴天でしたが吹く風は結構の寒さでした。

何時もの年なら当に咲き終わっている”福寿草”がまだ満開でした。


 毎年最初はジャガイモ用の畑つくりからスタートします。
今回全ての”生ゴミ堆肥”をジャガイモ畑に入れてしまいました。
更に今年はサルの食害を受けない新たな作物の導入をいくつか計画しています。
今回この畑つくりも同時に行いましたがこちらは又別途アップします。

 
 さて農作業開始初日からトラブル続発。
まずジャガイモの畑つくりで”こまめ(小型の耕運機)”で耕作を開始したのですが1往復したところでダウン。
「カシャカシャ、カラカラ」と変な音がした後エンジンが急停止してしまいました。
エンジンを掛けようとしてもスターターロープが動きません。完全にロック状態です。

 それではと”トラクター”のエンジンを掛けてみましたが、最初問題なくエンジンは始動するのですが直ぐにストンと勝手に止まってしまいます。(ガソリンの劣化?)
このトラクターは毎年初日は同じ様にご機嫌が悪いのが常なので直ぐさま諦めて”鍬”での作業開始。
しかしこちらもそのつもりがなく水に漬けて置く準備もしてなかったので直ぐに抜けてしまい2畝作るのも大変な作業になってしまいました。


 たいした物は作らない(作れない?)のですが、機械が動かない事にはどうにもなりません。
とりあえず”こまめ”を修理に出す事にしました。
20年以上何もメンテ無しに使ってきた機械なのでどうなりますか??


201204072 小さい機械ですが分解してやっと乗用車に積み込み

2012.04.09




 
関連記事

Comment

非公開コメント