つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ソーラーハンモック

 『ソーラーハンモック(生ゴミ乾燥BOX)』なる物をを作ってみました。

これは”生ゴミ乾燥”の当初計画に無かったアイデア物です。
これまで”ソーラークッカー”を参考にして試作を重ねてきた”生ゴミ乾燥器”でしたが、何れも期待したような効果が上がらなかったので原点に立ち返って、最も簡単なネット状の”乾燥袋”を作ってみました。

A先行試験1 <当たり試験>

 当たり試験では単純に”網戸の網”を二つ折りにして、その間に生ゴミを挟んだだけの物です。
これを”育苗箱”の上に置いて陽の差す庭土の上に置いておきました。

 半日で堆肥作りに使うならまったく問題無いレベルまで均一に乾燥していました。

 これに気を良くしてこの方法で正式に試験を行う為の試験装置を試作しました。
さてその結果は、
⇒⇒⇒ 十分満足できる物となりました。

この装置(と言えるほどの物ではありませんが)なら、堆肥作りをする人には喜んでもらえそうですし、そうでない人も『生ゴミ量削減作戦(=水切り)』へのボランティア参加してもらえそうに思います。
如何でしょうか !!

 先日”実家用”に新規製作した”てまわし君”にもこの”ソーラーハンモック”を使ってもらうようにしましたので、使用結果を後日合わせて報告したいと思っています。



『ソーラーハンモック』の”作り方”、”使い方”に興味のある方は別ページを覗いて下さい。


2012.07.16
***********************************************

【名称(ニックネーム)】 ソーラーハンモック(ソーラー生ゴミ乾燥BOX)
・ハンモック状の防虫ネットを使い”生ゴミ”を宙に浮いた状態で太陽光と風で効率良く乾燥させる装置。



【材料】・・・投資金額:¥300/一式 (新規購入の場合)
 ①プラスチック育苗箱 :同じサイズの物 2個 (苗屋さんでタダで貰える)
 ②メッシュ#30の網戸用の網 :1枚 (小バエ対策の為メッシュ#26以上が必須)
 ③目玉クリップ(特大)4個 :昔の紙ばさみ(洗濯バサミでも可/Wクリップは不可)
 ④接着剤 :プラスチック用接着剤/瞬間接着剤でもOK

【作り方】
 ・育苗箱の上に網を載せ、中央部分に皿など軽い重しを置いて少し窪ませた状態で縁部分だけ接着剤で接着する。
  ・・・生ゴミを宙に浮かせるのがポイントなので、網がケースから浮くように張りを調整する。
 ・接着剤を十分乾燥させた後、外周の余分な網をハサミで切断する。
 ・以上同じ物を2個作る。

【使い方】
 ①1個の育苗箱の網を上向きに置き、その網の上に生ゴミを出来るだけ均等に広げて載せる。
 ②もう1個の育苗箱を網を下に向け、①の育苗箱に重ねる。
 ③”目玉クリップ”4個で2個の箱の4辺を挟んで固定する。・・・ハエ、猫、カラス対策
 ④この箱を陽の当たる場所に置いておく。(出来れば3時間以上陽の当たる石やコンクリート上が良い)
 時々天地を逆転させると良い。

ハンモック1 <防虫網を接着した育苗箱>


ハンモック2 <生ゴミを網の上に載せる>



ハンモック3 <もうひとつの育苗箱をかぶせる>


ハンモック4 <(上)箱を押える目玉クリップ:この形状に改造すると確実に固定できる>


【試験結果】
・試験環境 :<天気>快晴、
・実施時間 :9時~12時(3時間)
・乾燥度  :465g→334g(削減重量:131g)⇒削減率: 28%

 今回中々の好成績でした。
生ゴミの種類によると思いますが、この装置は曇りでも風があれば結構乾燥します。


 雨の日は当然役に立ちませんが、空容器を外に出しておけば洗浄出来ます。
酷く汚れてきて洗ってもダメなら惜しみなく廃棄処分にして又新に作り直せば済みます。
網や接着剤は一度購入すれば数回は十分使用可能です。(2個目以降の投資金額¥0)


結果が良かったので多分これが最終案となると思いますが『Simple is best』でしたね。・・・自画自賛(汗) 



 ここまで『生ゴミ乾燥機』の試験を重ねてきましたが、今回の物がこれまでの中で一番納得できるものとなりました。
”生ゴミ乾燥器”の経過を振り返ってみると相当の遠回りと投資(金額ではなく時間です)をしてしまいました。
最初から複雑な構造(仕組み)でないと出来ないだろうという”先入観”が原因です。(DIYありき?)


”堆肥作り用の生ゴミ乾燥器”として使うのであればこのままで問題ありません。
あまり乾燥しすぎても良くありません、堆肥作りには少なくても50%程度の水分含有量が必要だからです。



 ただしゴミ排出量削減ボランティアで”生ゴミ脱水器”とするならもう一段の乾燥を考えたいところです。
上記の試験でそのまま更に半日(合計1日)放置しておいたら”カラカラの手前くらい”まで乾燥していました。
夏場なら問題ありませんが、その他の季節で短時間でやりたいなら”ソーラークッカーとの併用”が有効ではないかと考えています。

以上



 
関連記事

Comment

非公開コメント