つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ビワ茶

 我が家のビワが昨年末、かつて無いほど大量の花が咲きました。
このビワは子供が保育園で食べた残りの実から育て、少なくても25年は経過しています。

 この寒冷地では実らないと言われていましたが、我が家のビワの収獲実績としては3年前の100個が最大でした。

ここ2年ほどは寒さで収穫が無かったので、昨年末暖かかったこともあり今度こそはと期待していたのですが、今年の冷え込みで花は黒く枯れて全滅してしまいました。

 そこでせっかくなので”ビワ茶”を作ってみることにしました。

”ビワ茶”は初めて作るので調べてみると思いの外簡単に作ることが出来ました。

 ビワは強いですね。
今年の冬の気温で外側の葉は茶色く枯れてしまいましたが、内側の枝の葉は青々していました。

201204291  <原料の枝>

 葉っぱを良く水洗いし、布で綺麗に拭いて約1cm幅にハサミで切って”干し網”で乾燥。
1週間ほど外に吊るしっ放しにして天日乾燥させました。


201204292 <出来た乾燥ビワ葉>

 乾燥葉5gを500ccの水で10分程煮沸。

201204293 <ビワ茶>

 本当に綺麗な色のお茶になりました。
少し濃くなり過ぎたかと思いましたが飲んでみると香りも良く苦味もありません。
何時も飲んでいる”ヤーコン茶”とは比べようも無いほど優しい飲み易いお茶です。

ビワの産地では”医者要らず”と言われているそうですが、実は生らなくてもこれなら木を切らずに済みそうです。


2012.04.29
関連記事

Comment

非公開コメント