つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

蕎麦盛箱

 昨夜からの大雨で”石窯造り”は出来ないので汚れ放題だった”作業場”の整理を始めました。

 檜の製材板で『蕎麦盛箱』を作製しました。

 先に製材した檜を使った加工品です。
バンドソーのドリフト確認目的で製材したので、中途半端なサイズの板となってしまい作業場の隅に積み上げてありましたが整理の邪魔になったので無理矢理作ることにしたのがこれでした。


A檜製材板 檜丸太製材

A蕎麦箱1 底板貼り合わせ(ビスケットジョント)


A蕎麦箱2 側板組み立て(あられ組み)

A蕎麦箱3 完成品(クルミオイル塗装)、一見よさげですが・・・


蕎麦の”個盛り容器”はあるのですが、沢山の蕎麦を大盛りする容器が欲しかったので少し見てくれ良く作ったつもりです。

 何時もの様に接着には”タイトボンドII”を使います。
木で作る食器類の接着では何時もこの接着剤を使うようにしています。
日本には『食品衛生法で認可されている接着剤が無い』からです。 

 木工ボンド等接着剤の多くは”発ガン性”が指摘されています。
強いて使うなら面倒ですが『続飯(そくい)』くらいでしょうか。

 しかしタイトボンドにも大きな欠点があります。
”低温(10℃以下)で硬化しない事”。
したがって冬場はほとんど使えません。

 
 さて作った容器に試しに水を入れてみたところ、隅から水漏れします。
”底板”と”側板”の間に隙間がありました。
加工精度が悪かったようです。(一部設計ミスもありました) 
1日で作ってしまおうという”やっつけ仕事”に元々無理がありました。
乾かしてから修理です。  ・・・(汗)


2012.06.08


関連記事

Comment

非公開コメント