つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

またまた”ロケットマスヒーター”改良

 薪ストーブを改造した『ロケットマスヒーター』のまたまた改良です。

 今回は新たな改良ではなく前のオイル缶を使った焚口での結果が好成績だったので、その作り直しです。
前回が本当に間に合わせ材料のいい加減な造りであった為煙が焚口から漏れる状態でした。
実際これまでの物はどれも時々部屋中煙だらけになる事が度々あったのですが今回はそれはありません。

この改良後の燃焼試験では予想通り前回以上の良い結果が得られました。

201202281 これが最終版か? 


201202282 焚口



 尚焚口は”灰受け皿(鉄の箱で元々この薪ストーブに付属していたもの)”の転用です。
四角い箱の一番奥の鉄板1枚をディスクグラインダーで切断して取り払い炎が抜けるようにしてあります。
ここに廃材のトタンで四角の筒を作って灰受け皿に差し込んで”縦型焚口”としてあります。

 灰受け皿には引き出す時に使う鉄製の丸い”取っ手”が溶接してありました。
燃焼試験の時にうっかりこれを手でつかんで引き出そうとして火傷をしたので急遽木の枝でカバーを作り取っ手にネジ止めしました。(危うく大火傷するところでした)

[] VPS



 このストーブ、そろそろ最終段階の様な気がしています。

関連記事

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

> ストーブの話題は興味津々!といったところですが、さすがに理論派というテイストでいつもアカデミックですよね。面白い形をしたストーブだなと思って、過去の記事に溯ってみました。本当にイロイロやってて興味深く見させてもらいました。当方やっとのことでYouTubeを介しての動画アップをできるようになりました。また覗いてみてください。<tazumichi>

------------
 このストーブも一部の人には結構前から有名なので、そろそろ『ロケットマスヒーター式薪ストーブ』の販売が始まっても良い頃かと思っています。
”針葉樹”を効率よく燃やすには良いストーブです。
しかしどうしても瞬発力に欠けるので、どちらかと言うと暖地向きですね。

 動画見せて貰いました。いずれも中々のスケールですね。
それに作業場も整然としていて感心しました。私の作業場は『ゴミ捨て場』の如くで恥ずかしくて見せられません。
又時々覗かせてもらいます。
非公開コメント