つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

”薪ストーブ”ブーム

 農文協の雑誌『現代農業12月号』がやっと入手出来ました。

201202101 現代農業<12月号>


 塩尻で『薪の宅配事業』を行っている友人が、”現代農業12月号”の特集に出ていると聞いてずっと捜していました。
先月の地方新聞にも彼の”薪宅配”の件が”見開きの特集記事”として載っているのを見ました。
又先日はローカルニュースですがNHKのニュースで”薪ストーブ用薪確保が難しい”と話題となっていました。
『時代は”薪ストーブ”』の感があります。


<<続きは別ページで>>

2012.02.10
201202102 薪販売<新聞記事抜粋>

 当初この手の雑誌のバックナンバーは通販で簡単に手に入れられると思っていたのですが、全ての通販サイトで売り切れていました。
無いどころか定価¥800の本が『中古品で¥3,250』で売られていました。(ゲツッ !!)
”現代農業”のたった2巻前のバックナンバーが入手できない事も異常ですが、昨年末発行の物が中古で¥3,250円もしているのは考えられないほどの異常事態です。


 この事態に驚いて直ぐに地区の図書館検索サイトで捜してみました。
ところが近辺の3つの図書館で所蔵していることが分ったのですが、この号のみことごとく”貸出中”。
予約を入れてやっと本日入手出来ました。

 この雑誌は『燃料自給・なんでも薪に!』がタイトルの”薪やストーブ(ロケットストーブも)の特集号”でした。

 今世の中は原発事故以来『再生可能エネルギー』に関心が移っていて、特に薪/薪ストーブ等の手っ取り早く入手できる『自前のエネルギー』を求めているようです。 


 特集記事の本文に記載が有りましたが、隣の松本市では行政の行った”無料薪用材配布”に軽トラックが700台も群がったとの事。
薪ストーブは買ったものの薪の入手に苦労している現状が良く分かりました。
これが本当のブームであれば、森林や里山の方にもう少し関心が集まっても良いと思いますが、まだまだそこまでブームは拡大していない様に思われます。

 ”薪ストーブブーム”は大歓迎なのですが、一時だけで終わらない事を願っています。


201202103 201202104

<雑誌特集記事抜粋>

関連記事

Comment

非公開コメント