つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ロケットマスヒーター改善

 『ロケット・マス・ヒーター』の更なる改良です。 

 自作の作業小屋は周囲を”コンパネ1枚”で囲まれていますし、屋根は”ポリカ波板”の簡単な作りなので冬場はほとんど外と同じ室温です。
ボンドも使った後家に取り込んでおかないと凍って使い物になりません。(しかし度々忘れて凍らせ、捨てています)
その為冬場の作業では”薪ストーブ”は欠かせません。(そういっても隙間風で大した効果は無いのですが)

 昨年から薪ストーブを改造した『ロケットマスヒーター』を使っています。
元々の”灰の取り出し口”を燃焼室として使用する構造なので開口が狭く沢山の薪を入れられないのと、長い薪が焚口から外に飛び出すのでそのままでは最後まで燃えません。
頻繁に手で奥に押し込んでやる必要があります。
この為作業中に忘れて様子を見ないでいると、火が消えていることが良くありました。

 今回その対策として『縦型燃焼室』に改造しました。

 薪を縦に入れることで燃えるに従って自重で薪が落下して送り込まれ燃え続けられる構造です。
今回も焚口に自動車のエンジンオイルの空缶(4㍑缶)を使った相変わらずの『空缶リサイクル』です。

201202131 縦型焚口の改良版ロケットマスヒーター

201202132 燃焼状態


 これで薪を焚口に突っ込んでおけば頻繁に面倒を見なくても燃え続けるようになりましたし、前は割らないと入らない太目の薪もそのまま突っ込んで置けます。
又同時に燃やせる薪の量も増やすことが出来る様になったので、発熱量が増えて前よりいくらか早く温まるようになりました。

 しかし今度はストーブを最初に焚き付ける時が中々大変です。
焚き付け用にかなり細割にした薪の準備が必須です。
最初丸めた紙を燃やして焚口から投げ込み、そこに細割りした薪や小枝を上から投げ込んで種火を作ります。
その細割りの薪が燃えて”熾き”になる頃ようやく太目の薪を投げ込みますが、これまでをそっとやらないと立ち消えすることが良くあります。

 と言う事でまたまた改善が必要になりました。
1つ改良すると、2つ・3つくらい欠点が見えてきて改良箇所が増える事の繰り返しですがそれでも少しづつ前進している気はします。

2012.02.13
関連記事

Comment

非公開コメント