つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ボール電球用ランプシェード

 前に『100W型LED電球』についてアップしました。
これを書いた直後に間違いだった事に気が付いていましたが、ここで改めて訂正させていただきます。

 実はこれが『LED電球』では無く、『電球型蛍光灯』でした。

 店頭のPOPにECO電球と書かれていたのをLED電球と早トチリしていました。
後日同じ売り場に行って気が付きました。(汗)

考えてみれば”100W型LED電球”が¥650で買えるハズがありません。
実際現在この近辺では”100W型LED電球”の一番安いものでも¥3000以上出さないと買えません。


 しかしこの”100W型蛍光灯”は非常に明るく又設置が簡単なのでその後LEDで無い事が分かってからも、追加で2個購入して使っています。
相変わらず点灯遅れは昔の『蛍光灯』以下ですが、この明るさに勝る安いLED電球が無いのです。
先に造った”空缶ランプシェード”で使っていますが、この明るさを更に生かす為のランプシェードを造りました。

201201101 一見良さそうに見えるのですが


 使ったのは”フライパン”。
『フライパンリフレクター型ランプシェード』です。
見た目は新品の様で(実際新品に近いです)全く問題ない様なフッ素加工フライパンですが、目玉焼きを焼くとフライパンから離れません。
買って直ぐこの現象が現われた欠陥商品です。(流石、中国製)
昨年末”資源ごみ収集”に出される寸前に私が救出しました。
今回”ボール電球”用の反射板(リフレクター)として活用します。


201201102 (左)空缶ランプハウス、(右)フライパンリフレクター

201201103 完成品

 ”E26ソケット”を取り付けた”ランプハウス”は以前作ったものと全く同じ構造の”空缶製”です。
完成品は作業場では少し暗いですが十分使えそうです。
その内正真正銘の安い100W型LED電球が出てくれば直ぐ交換できますからそれまでの繋ぎとして使う積りです。

2012.01.13
関連記事

Comment

非公開コメント