つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

自転車オーバーホール

 冬の間は寒くて自転車に乗る機会もほとんどありません。
しかも10年物で、元々安物の自転車なので騙し騙し乗っていますが最近富に具合が悪くなって来ました。
息子は「恥ずかしいから乗らない!」と言うほどの代物です。

 そこでこの間に前からやりたいと思っていた、『オーバーホール』を行う事にしました。
自信は無いので仮にオーバーホールに手こずっても、まだ自転車に乗ることも少ないので十分時間があると踏んだからです。


201203291 購入した専用工具

 一応自転車用の専用工具を通販で購入しました。 投資金額¥3500也。(超安物です)
自転車のオーバーホールは昔中学校の『技術家庭科』の実技授業で一通りやりました。(すっかり忘れていますが)
当時は男子全員が受ける必須科目でしたし、生活の足でしたから重要な授業でした。
”ゆとり教育”の今はそんな授業は無いと思いますが、今回やってみて改めて昔の中学校は大したことをやっていた物だと感心してしまいました。
自転車も自分で修理して乗るのが普通だった古き良き時代のことです。
お陰で今でもパンク修理は自分でやっています。


 さてオーバーホールですが、専用工具のお陰で思いの外簡単で何とかなってしまいました。
ペダルを漕ぐときしみ音がしていたのでクランク内部のベアリングが破損しているのではと思っていましたが特に問題はありませんでした。
グリースだけは劣化していましたので、新しい”モリブデングリース”を詰めたり、変速ギアを調整し回転部に全てグリースアップを行ったところ新品(??)の様な乗り心地になりました。

 これで又当分このオンボロ自転車に乗ることになってしまいました。
今回オーバーホールがダメなら、この自転車を使った別の計画がありそれも楽しみにしていました。
”ハブダイナモ”を使った『小水力発電』です。
工具を購入した目的はどちらかといえばこちらの為でした。
さてさて、別の方法を考えないといけません。(残念 !!??)


2012.03.29
関連記事

Comment

非公開コメント