つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

糸コンニャク製造器改良

 昨年収獲した”コンニャク芋”を使って『糸コンニャク作り』を行いました。

 これまでも何回か”糸コンニャク作り”は行っているのですが、”VUパイプ”で造った『糸コンニャク突き出し器』は穴が大きいので”糸”と言うより”うどん”の様な太さになっていました。

これはこれでうどんの代わりに煮て食べると絶品なのですが、やはり”糸コンニャク”と言うからには誰が見ても”紐”では無く”糸”に見える物が作りたくて治具の改善を行いました。

201112011 (左)普通のドリル加工品、(右)SUS用ドリル加工品

 使ったのは前に一度穴が小さ過ぎて失敗した『茶漉し(百均)』です。
この穴を大きくする為Φ2.5mmドリルで穴明けしました。
最初普通のドリル(チタンコーティング品)で大変な苦労をしましたが何とか穴を明けました。
途中でドリルが2回程折れましたが研磨を行いようやく完成させました。

 後で『SUS用ドリル』と言うものがあることが分って購入して使って見ましたが、こちらは普通の鉄材への穴明けと同じ感覚で簡単に穴明けできました。
仕上がり結果は写真を見ていただければ歴然です。

 又側面に設けた”抜け防止スリット”は使えなくなったチェンソーの”目立てヤスリ”を使いましたが、こちらはいとも簡単に溝切りが出来ました。
これまでこの”目立てヤスリ”は使えなくなると捨ててしまいましたがもったいない事をしていました。


201112012 糸コンニャク突き出し器

 さてこの治具を使用して作った『糸コンニャク』がこちらです。
今回は大成功です。
これなら文句無く『糸コンニャク』です。

 今回は入れる”炭酸ソーダ”のメーカー変更及び使用量をかなり少なくしてみましたが、やっぱりピンク色になっていました。
不思議です。


201201155



   糸コンニャク完成しました




2012.01.17
関連記事

Comment

糸こんにゃく製造器

偶然、ここにたどり着きました。

糸こんにゃくが通過する目皿は、真鍮製で厚みが7~10ミリ位あると、キレイな糸こんにゃくになりますよ。
穴の大きさは好みにより2~2.5ミリの間で問題ありません。

色がピンク色になるのは蒟蒻芋で作ったのでしたら、それが本来の色です。
白い糸こんにゃくは「蒟蒻粉」といって、蒟蒻芋を乾燥し、粉末にしたものです。
黒い糸こんにゃくは蒟蒻粉に「ひじき」の粉末を入れたものです。

蒟蒻粉100gを30倍の水で撹拌し、石灰を入れると良いと思います。

春から秋までは蒟蒻芋が出回らないので、蒟蒻粉で作られてみてはいかがでしょうか?

Re: 糸こんにゃく製造器


”つるちゃん”さんコメント、アドバイスありがとうございます。
糸コンニャクを綺麗に作るには”厚み”が重要なんですね
次には厚い材料で挑戦してみたいと思います。

 さて色の件ですが、前にも家で育てた”蒟蒻芋”を四等分して3人に差し上げたのですが外の人は誰もピンクにならなかったそうなので、何か外に要因がある様にも思っています。
何か原因がお分かりになったら又宜しくお願いします。

<from zukudase1> 

こんにゃく製造器改良

>同じ品種のこんにゃく芋で、出来上がりの色が違う原因は?

他の人も糸こんにゃくを作られたのでしょうか?

こんにゃく製法は「水練り」と「湯練り」があります。
糸こんにゃくは水練りで、抽出して糸状になったものをお湯で煮ます。

普通のこんにゃくは2通りの製法があります。
水練りで型枠に入れたこんにゃくをお湯で煮た製法と、こんにゃく芋を
煮て、お湯で練り型枠に入れる製法です。

また板こんにゃくは糸こんにゃくよりも水を多く入れます。
製法と加水率で色が違ったのかも知れません。


因みに、こんにゃく芋をすりおろす時、芋の皮が付いていると出来上がった時の
こんにゃくに黒いツブツブが混ざっています。
こんにゃく粉で作ったこんにゃくに、ひじきの粉末を混ぜるのは こんにゃく芋で
作ったように見せるためです。

私もこんにゃくは水練りで何度も作りましたが、ピンク色になりますよ。
こんにゃく屋さんが作るこんにゃくは ほとんどがこんにゃく粉を使った製品です。
こんにゃくには味が無いと言われますが、本当のこんにゃくは芋の味がしますよ。
是非、芋から作ったこんにゃくを楽しんで下さい。








色の違い

>糸こんにゃくの色の違い

うっかり忘れてました!

他の人にあげたこんにゃく芋と自家用のこんにゃく芋は品種が同じでも
大きさが違ってませんでしたか?

こんにゃく芋の1~2年玉で作ると擦りおろしたとき白灰色になります。あまり品質の良いこんにゃくが
できません。
3~4年玉では擦りおろすと暗いピンク色になります。良いこんにゃくが出来ます。

製法に気を取られて、原料の芋の育成年を忘れてました。





Re: 色の違い

> >糸こんにゃくの色の違い
>
> うっかり忘れてました!
>
> 他の人にあげたこんにゃく芋と自家用のこんにゃく芋は品種が同じでも
> 大きさが違ってませんでしたか?
>
> こんにゃく芋の1~2年玉で作ると擦りおろしたとき白灰色になります。あまり品質の良いこんにゃくが
> できません。
> 3~4年玉では擦りおろすと暗いピンク色になります。良いこんにゃくが出来ます。
>
> 製法に気を取られて、原料の芋の育成年を忘れてました。


”つるちゃん”さん、早速のコメントありがとうございました。
”ピンクのこんにゃく”の原因は、芋の生育期間なんですね。
言われてみれば我が家は自家栽培していますので大きい芋から加工しています。
大体1.5~2kgの大きな芋で4年生ですね。
切った断面は綺麗なピンク色です。 
(2年生の芋は使ったことが無いので中の色は分かりません)

それにしても、大きな芋なので人にあげる時も二等分や四等分で差し上げるのですが、それで作ってもピンクにはならないようなのでまだ何か原因がありそうです。

さて”こんにゃく作り”は奥さんの趣味で作っていますが、板コンニャクに流す前の物を少し失敬して私が糸コンニャクに加工します。
”素うどん”の様にして食べていますが、これは絶品ですね。

温かくなってきたので来週当たり”種芋”の植付けを予定しています。
色々ありがとうございました。
今後もよろしくお願いします。
<zukudase1>


しらたきの製造

しらたきがうまくできているのに感心しました。UV管を使うアイデアはとてもよいと思いました。
ところで、つき棒はどのようなものか教えていただけると助かります。当方、トコロテンの押し出し機を
つかったところ、前からでなくつき棒のほうから出てしまい、うまくいきませんでした。どうぞ、よろしくお願いいたしました。

No title

sakuraさん こんばんは

 コメントありがとうございます。
コンニャクの自作が出来ると”白滝”作りたくなりますよね。
中々上手く出来なかったのですが、この装置で初めて成功しました。
このVU管用の突き出し棒は、木工旋盤で作りました。

 しかし現在VU管では作っていません。
理由はVU管での突き出しには相当な腕力が必要な事と、管にコンニャクを詰めるの大変なのがその理由です。

 現在は改良版の突き出し具を使っています。
ここです⇒ http://zukudase1.blog11.fc2.com/blog-entry-920.html

 この器具を作るのにはボール盤が無いと大変ですが、一度挑戦してみてください。
突き出し棒も板をボール盤とサークルカット工具で簡単に加工出来ます。
突き出し力も弱くても大丈夫なので、新規に作るならこちらの方がお薦めです。

 それと白滝用のコンニャクは凝固剤の量を少なくして柔らかく作っておいた方が良いと思います。

 以上参考に再挑戦してみてください。




非公開コメント