つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ボクチ蕎麦と干柿

 昨日飯山市の戸狩に『ボクチ蕎麦』を食べに行ってきました。

ちょうど昨年同じ時期にあった『第1回 信州ぼくちそば麺バトル』に行って感激したので、又行ってしまいました。
今年は昨年の続きの『第2回 信州ぼくちそば麺バトル』だと思って行ったのですがそうではなく、全くの期待外れでした。

 昨年は”ボクチ蕎麦”だけで会場も旅館の大広間で実施されとても良い雰囲気でしたが、今年はスキー場のレストハウスで”町民スポーツ大会”の中の単なる屋台のひとつになっていました。
NETにPR記事がほとんどUPされていなかったので心配はしていたのですが、心配が本当になってしまいました。
今年から開催の趣旨が”地区の交流会”とまるっきり変わってしまった様です。


201110291  地元では蕎麦は食べ飽きているのかガラガラ

201110292 これで1個¥600はちと高くないかい 


 まるで”コンビニの蕎麦弁当”の様ですネ。
見ただけでガッカリしてしまいました。
味は悪くは無かったですが、落ち着いて味わう事が出来ない雰囲気の会場なので旨さは余り感じられません。
今年は最初山の仲間を誘って行こうかとも考えていましたが、誘わなくて正解でした。
雨の中、高速料金を払ってわざわざ行く程の価値は無いですね。
とても残念な結果でした。


 *****************************

 さて今回のメインは『干柿』です。

 戸狩に行く途中、ひとつ前の中野ICで降りて出口の前にある”大型産直『おらんちぇ』”で買い物をしました。
今年は柿が不作で例年おすそ分けを頂く知人からも「今年は無いよ!」と言われていたので、最初からここで”渋柿”を購入する事を計画していました。

201110313 竿が折れそうなので2分割に


 ここにはきっとあると狙いを付けて行ったのですが、流石にこちらは”期待たがわず”の結果でした。
5個入り1袋が¥100。
24袋、出ていた渋柿のほとんどを買い占めてしまいました。
帰ってきてから夜、早速皮をむき干しました。
しかし”T字軸”の物は無く皆軸が極端に短く、又”軸の無い”のも1割ほどあり吊るのに少し苦労しますが、何時もの秘密兵器”カーテン吊り金具”と”インシュロック”を使うので問題無しです。
と言っても外は雨なので、とりあえず一晩室内干しです。
以前雨の日に外に干して、”かび”てしまった苦い経験をしたので同じ過ちは繰り返しません。

 今朝は一転朝から晴天になったので早速2階のベランダに干し場を変更しました。
今日は非常に温かな日にでしたが、
             
 干柿が吊るされているのを見るといよいよ冬が近いと感じますね !!


2011.10.31



関連記事

Comment

非公開コメント