つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

まな板・鍋敷き?

 製材した板を使って暇に任せて『まな板』作りをしています。

 まな板の材として”イチョウ”が最高級品だと聞いていて貰ったイチョウの木を乾燥させています。
これを使う前に、外の材(ヒノキ、栗、スギ)などで”試作”兼”比較サンプル”作りを行っている訳です。

 出来た”まな板”は色々なデザインになってしまいました。
これは意図したと言うより製材した板の品質に問題があるからです。 
”まな板”は本来”四角”が使い易いと思うのですが、自分で製材した板には”割れ”や”傷”が結構ありその端材を使ったので中々四角に木取りが出来ません。
そこでその欠陥部分を避けてデザインした結果この様になってしまいました。


201110271 まな板(上:ヒノキ/下:クリ)

上の丸い方は大き過ぎて(Φ300mm)使いずらいと言うことで今は”鍋敷き”になっています。

2011.11.22
関連記事

Comment

非公開コメント