つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

100WのLED電球

 以前洗面所の蛍光灯カバーが落下し割れたので、”曲げ木加工”で自作のカバー作りに挑戦していました。
一応曲げ木部材は出来たのですが、完成まで至らず中断したままです。
どうも”時代遅れの蛍光灯”の修理に気乗りしなくなっていました。

 その間各種”LED電球”を付けて確認していたのですが、”60W相当”と言われているLED電球では暗すぎて30Wの蛍光灯の代替になりません。
2~3個まとめて付ける事も検討しましたが、デザイン的にも価格的にも二の足を踏んでいました。

 ところが最近HCのチラシに”100W相当のLED電球”なるものが60W相当品より安い価格で載っていましたので早速買って来てしまいました。


201108212 ボール型100WLED電球


 早速試しに”E26電球ソケット”にセットして点灯してみました。
結果は『驚きの暗さ !』、60W相当品よりはるかに暗くガッカリしてしまい交換を断念しました。
『安かろう、悪かろうの典型』との判断に至りました。


 しかしです、数日後分かったのですが、この電球通電したまま2分間経過するとびっくりするほど明るいのです。(実は返品することにしたので、クレームを付ける為もう一度点灯させていて発見しました。)
30Wの蛍光灯より明るく光ります。
確かに”100W相当”の実力はあるようです。
ただ2分間待たないといけません。
メーカー側の言い分としては”3分間待たなくて良い”と言うことかもしれませんが。
 
これで一応クレーム返品は中止しました。

 さてこの電球、”明るさ100W相当”ですが、”消費電力20W”となっています。
これまでこの価格(¥750/個)でここまで明るいLED電球はなかったので用途は広いと思います。
瞬時に明るさが欲しい玄関やトイレ、階段用としては無理としても結構有効に使えるハズです。

 この電球を購入したお陰でますます”これからはLED電球の時代だ”との観を深くしました。
そう言えば昔蛍光灯の出始めの頃は、閃きの悪い人が『蛍光灯』と揶揄されたことが思い出されます。
この”水銀灯型”LEDもそう遠くないうちに改良される事と思います。


2011.08.28



関連記事

Comment

非公開コメント