つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

バンドソー修理

 私が使っているバンドソーは10数前の ”DELTA製14インチ・バンドソー”です。 
ここしばらくバンドソーの具合が少し悪いと感じていました。
時々直線が真直ぐに切断できない不具合がでてきていました。
幅の狭いブレードを使用すると特に顕著で、ブレードがローラーガイドから直ぐに外れてしまい危なくてしょうがありません。
ところが先日”栗の生木”を切断していたところ、とうとうブレードが”ドライブホイール”からも外れてしまいました。

 原因を調べたら”ブレードガイド”の不良でした。

 現在オリジナルのブロック式ブレードガイドからローラー式(ベアリング)に変更して使っていますが、上下2組計4個のガイドが有りますが、この内テーブル下の1組2種類のベアリングが完全にロックしてしまっていました。
焼きついたか、木のヤニで固まってしまったようです。
そこで2~3日”シンナー(ペイント薄め液)”に漬けておきましたが復活出来ません。

 こんな時”個人輸入”の機械の補修部品の入手には何時も苦労しています。
ほとんどの場合”自力”で解決する事が要求されます。
交換用のベアリングをアメリカの購入先に注文すれば良いのですが、この高々4個の”ミニチュアベアリング”でも輸送費が馬鹿になりません。(確認したわけではありませんが)

かといって『インチサイズ』なので同じ物を国内で調達するのは至難の技です。
そこで国産の『ミリサイズ』のベアリングで代用できないか検討することにしました。

201106251 修理済のブレードガイド(上)/壊れたベアリング(下)


 最終的に通販での購入となりましたが、サイズの近い物を複数種類注文して検討しました。
特に1組(画像の左側のベアリング)は適当な物が無く、軸も交換する事になりました。


 苦労の甲斐あって国内調達のミリサイズ品で代用出来るベアリングを探し出す事が出来ました。(ベアリング価格¥260/個+送料(国内でも送料のほうが高い))
このバンドソーでは以前モーターの”起動用コンデンサー”のパンクで、代替品捜しに大変苦労しましたが、今回は比較的すんなり行きました。・・・?
これで今回苦労した分、次回からは非常に楽な修理のひとつです。


 バンドソーは木工機械の中でも最も安全な機械のひとつだと思っています。 

それだけに私の木工作業では大変出番が多く無くてはならない機械なのですが、この間2週間ほどバンドソーが使えず苦労しました。(もっとも前回のコンデンサーの件では1.5ヶ月使えませんでしたが・・・)
これで機械を騙し騙し使う必要がなくなるので益々ストレスの少ない機械になると思います。



2011.07.05
 
関連記事

Comment

非公開コメント