FC2ブログ
つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード

イブリガッコ作り

 先日収穫を行い、天日干ししてあったダイコンのスモークを開始しました。
”イブリガッコ作り”です。

 ここ数年、、栽培した”漬けダイコン”の半分ほどを”イブリガッコ”に加工しています。
昨年はダイコンが大豊作で、イブリガッコも過去最高の量を作った為、その在庫がまだ残っていて今も毎日食卓に上っています。
それでも味の変化は全く無く、ダイコン漬けが1年間変わらない味で楽しめるのは、イブリガッコ以外に知りません。
そんな訳で今年も躊躇なくイブリガッコ作りに着手しました。
それでも昨年の反省(?)から、量は2/3にしました。

 スモークは自作した”イブリガッコ専用スモーカー”で行います。(昨年大量のダイコンのスモークに困って新規作製したものです)
ドラム缶1本半使った大型の物なので、保管場所に苦労して、使わない時は農機具小屋の隅に置いてありました。(大きいので車で2回に分けて運搬する必要があり大変です)

スモーカー
<イブリガッコ専用スモーカー>


イブリガッコ2019 (1)
<数日天日干ししたダイコン>

イブリガッコ2019 (2)
<スモーカー内部: 今年はまだ余裕があります>


イブリガッコスモーカー
<スモーク開始: 手前は以前イブリガッコスモークに使っていた石窯>


 これから3昼夜のスモーク開始です。(・・・と言っても真面目にやっていないので、夜にはほとんど火は消えています)
その為スモークの煙で暫く我が家周辺は煙臭くなります。
今年は温かいので南風の日が多く助かっていますが、北風だとご近所の方向に煙が流れるので、少し気が引けます。(それでも田舎だから苦情はありません・・・笑)

イブリガッコ2019 (3)
<スモーク完了: スモーク中は下の方は確認できず、今年も焦げていました>


 ”ずぼら火焚き”のお蔭で、吊るしたダイコンの下の方がしっかり焦げてしまいました。(来年に向けて更なる対策が必要です)
焦げたところは切り落として大根漬けにします。

 ここまでは私の担当で、大根漬けは奥さんの担当なので、スモークダイコンの引き渡しを行いました。
漬け上がるまでには時間が掛かりますが、来年が楽しみです。

2019.11.26
関連記事

Comment

非公開コメント