FC2ブログ
つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

松茸を頂きました

 この秋は天候不順で、雨降りの日が多く、又大型台風等で中々予定した農作業が出来ません。
そんな中、貴重な晴れ間に、畑に収獲に行って来ました。

 そこでこれまた貴重な”松茸”を頂きました。
ほぼ毎年頂く、松茸山の持ち主の方です。

松茸2018 (1)
<頂いた松茸(その1)>

 そうしたらその日の午後、今度は親戚のおじさんががやって来て松茸を頂きました。
こちらも松茸山の持ち主ですが、毎年頂ける訳では無く、昨年は頂けませんでした。

松茸2018 (2)
<頂いた松茸(その2)>


 更にさらに、夕方息子が会社から松茸を持って帰って来ました。
松茸山を持っている中学校時代の同級生から貰ったそうです。
こちらは頂くのは初めてだと思います。


松茸2018 (3)
<頂いた松茸(その3)>


 これまでも松茸を頂く事はありましたが、毎年では無く、ましてや1日で3カ所から松茸を頂いたのは初めてのことです。
という事は今年は多分松茸は大豊作だという事だと思います。(そうでなければ我が家にこんなに集まる事はない!)
今年は天候が可笑しかったのですが、松茸にとっては良い条件が揃ったという事でしょうか??(・・・松茸は結構なひねくれ者ですね)


 早速夜、”松茸御飯”と”お吸い物”にして美味しく頂きました。
今回は図らずもそれぞれ採れた場所が違っていましたから、比較が出来ました。
その結果、松茸も採れた場所によってその香りが結構違いう事が分かりました。
松茸の市場価格は産地により大きな格差があると聞いています。(銘柄です)
今回3カ所の産地別の松茸が揃ったので比較の結果やはり有名産地の物ほど香りが高い(=値段が高い)と言う当たり前の結果になりました!(市場価格で倍の値差があります)

 親戚にもお裾分けしましたが、残った物は冷凍して、正月に頂くことになります。


2018.10.04
関連記事

Comment

非公開コメント