FC2ブログ
つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード

新規電柵電源設置(交換)

 以前市販の”電柵電源”を購入した件の投稿をしました。  ➡ その時の投稿はここをクリック

 その電源を実際に購入したのは3ヶ月も前の事でしたが、未だに畑に設置していません。
それは前の投稿に書いた通りで、メーカーのクレーム対応に激怒した結果、その製品品質にも疑問を感じていて交換する気にならず、そのまま今まで放置したままでした。


a-第二電柵畑 収穫
<今年電柵のお蔭で収穫出来た、カボチャとサツマイモ>


旧電源
<これまで設置していた自作電柵電源>



 この電源を設置予定であった”第二電柵畑”は、今年カボチャとサツマイモを栽培していました。
この畑はこれまで”自作電柵電源”で猿対策を行っていて、ここで無事にカボチャとサツマイモを収穫する事が出来ました。
畑に自作電柵電源を設置してから今年で丸3年間連続運転ですが、この間猿被害は無く”ガスレンジ・イグナイター”を転用した自作電柵電源の実力が実証出来ました。
この間ガスレンジ・イグナイターはトラブルも無く機能していて、これほど長寿命なのも本当に想定外です。



 この畑には現在栽培している野菜はありませんが、ここで思い切って購入した市販の電柵電源への交換を実施しました。(この畑には冬場、玉葱やほうれん草を栽培する予定があります)


新旧電源
<新旧電柵電源: (左)これまでの自作電源、(右)新たに設置した市販電源>



 これから冬場も含めて、24時間、365日連続稼働させます。(これまで使用してきた自作電源と全く同じ稼働条件です)

今後電源に何かトラブルがありましたら、このブログで逐次報告させていただきます。


新電源
<自作電源と交換して設置した市販の”電柵電源”>



 これまで使っていた”自作電柵電源”もまだまだ問題無く使用可能と考えています。
従って市販電源の故障に備えて、スペア電源として保管して置く予定です。

2018.10.07
関連記事

Comment

非公開コメント