FC2ブログ
つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

イノシシ対策

 先に”イノシシ被害”のあった、山中の農機具小屋に侵入防止の為の”入り口扉”を設置しました。
この処天気が悪く、畑仕事が出来ない日が多かったので、 ガレージで扉造りをしていました。
お蔭で、予定より早めに設置完了出来ました。

 先日の農機具小屋の籾殻被害、この犯人は未だにはっきりしませんが、小屋の廻りにはイノシシの足跡がいっぱいあり、籾殻を入れていた袋がズタズタとなっていたところを見ると、恐らく”イノシシ”だろうと思っています。

イノシシ防止扉 (1)
<イノシシ被害(?)の籾殻を保管していた”ガラ袋”>


 さて扉の材料としては古い”板戸”が沢山あるので、当初これを使う予定でいましたが、犯人がイノシシだと簡単に壊されて再度侵入される危険性があることに気が付きました。
相当頑丈な扉を作らないといけないと考えて、鉄製の扉を造ることにしました。(板戸だと投資金額¥0だったのですが・・・残念)


イノシシ防止扉 (2)
<枠材料はΦ10mm×5.5mの”異形鉄筋”: この長い鉄筋を乗用車のキャリヤーで運びましたが、ひと苦労しました>

 
 長さ5,5mの異形鉄筋を曲げ加工で、幅0.940m×高さ1.8mの枠を造り、鉄筋端面を溶接で接合。(切断を一切しない設計です)
そこにワーヤーメッシュを載せ、端面のワイヤーを曲げて鉄筋の枠に巻き付けて完成。
この同じ寸法の扉を3枚製造しました。
 ”イノシシ用”なので使ったワイヤーメッシュも、電柵に使用している線径Φ2.5mmより強度の高い、Φ3.2mmの物を使いましたので、相当頑丈な扉となりました。
お蔭でワイヤーメッシュの曲げ加工は結構大変でした。
それでも費用は全て建築用材料なので、驚くほど安く、3枚分合計で¥2,300也でした。(¥770/1枚)
しかも製作は思いの外簡単で、3枚全て1日で完成出来ました。(設計3日)
これが溶接加工の良い処で、もし木工で新規に作るとなると少なくても1週間は掛かったのではないかと思います。


イノシシ防止扉 (3)
<完成した小屋の扉: ヒンジなどの鉄部材はPC廃材など廃材を加工して使用>



イノシシ防止扉 (4)
<”飾り閂”(掛け金): 溶接の練習用に使った廃材製>


 これならイノシシの突撃でも多分大丈夫でしょう・・・!!??


2018.10.02
関連記事

Comment

非公開コメント