FC2ブログ
つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

鳥獣被害に怒り心頭

 またまた新たな”鳥獣被害”です。
但し今回の下手人は”猿”では無く、”イノシシ”のようです。(・・・但し確たる証拠が押さえられていません)

イノシシ被害 (1)
<農機具小屋: 冬場の雪の重みで屋根の左側が潰れかけています>


 部落で設置した電柵の外側の山の中に、我が家の小さな農機具小屋があります。
畑で使う、はぜ棒や竹竿、ビニールシート、寒冷紗等の農業資材を保管する小屋です。
この小屋の入り口には扉が無く、人間も動物も出入り自由です。(前、冬に”薬莢”が転がっていたことがありました・・・小屋に猟師が入って使った??)
しかも電柵の防御範囲外ですから、猿やイノシシやカモシカが進入する可能性がありますが、それでもこれまで全く被害がありませんでした。

 ところが先日この小屋の中に置いてあった、籾殻の袋全てが被害を受けていました。
この籾殻は”コイン精米”の時に収集し、畑で使う為にこの小屋にストックしていました。
数年前から毎年ここに貯蔵していますが、春から夏場に少しづつ使用し、冬場に貯め込むというサイクルで、その為ガラ袋に詰めて常時5袋から10袋程度が積まれていました。

イノシシ被害 (3)


イノシシ被害 (2)
<被害のあった籾殻袋: 7袋が被害に遭ったようです>


 精米機から排出される籾殻の中には多少”屑米”が混入しているようで、畑に蒔くと鳥(小鳥や山鳩)が良く舞い降りて漁っていることがありました。
この籾殻は春からの農作業に使う為ストックしていて、一番量が多くなる冬場には最高で十数袋が床に山積みされていることがありました。
それでもこれまで数年間、冬場でも小屋に動物が侵入した形跡は無く毎年無事に冬を越していました。
従って今回が初めての被害です。

 小屋の床にトタン板が敷かれていることもあって、動物の足跡等の形跡が全くありません。
NETで”籾殻を荒らす動物”をキーワードで検索したところ、”イノシシ”に荒らされた人の投稿がありました。
これまでも、小屋の周囲の土が時々イノシシに掘り起こされて凸凹が激しく、最近は刈払い機での草刈作業にも支障が出ていました。
今回の被害は、全ての袋が引き裂かれて、中の籾殻が散乱している処を見ると、どうもこのイノシシの仕業に違いありません。

 今回は防御の隙を突かれた形ですが、動物の方が一枚も二枚も上手だという事だと思います。
これまで猿対策のことしか頭に無かったのですが、これからはイノシシ対策もしないといけなくなり、対策は益々大変で『怒り心頭』です。


 いずれにしろ、籾殻はこれからも農業のとって必須品で、貯蔵場所としてもこの小屋を使うしかありません。
入り口に扉が無く無防備であったのが一番の問題なので、新規に扉を設置することにしました。
早速設計に入り、秋の農作業が一段落したら設置工事を行う事にします。 (・・・ヤレヤレ、又余計な仕事(と費用も)を増やしてくれたヨ)

2018.08.31
関連記事

Comment

非公開コメント