FC2ブログ
つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ワイドFM

 私にとってラジオ放送は貴重な情報源で、昔からPCでの作業や、趣味の木工作業を行っている時は、ラジオを掛けっぱなしにしています。
その為ラジオやラジカセはそれぞれの作業場に置いてあり、都合現在使っている(使える?)ラジオは6台ほどあります。

 聴くのはもっぱら民放のAM放送です。(NHKも聴かない訳ではありませんが)
しかしこのAM放送は、ラジオの設置位置(角度)により電波の捉え方に違いがあるという大きな問題があります。
ところが最近民放でも”ワイドFM局”が開設されたと、放送で宣伝していました。
同時に「ワイドFMを聴くためには、対応している専用ラジオが必要です。」と言っていました。
その為、新規にラジオを購入しないといけないと思い込んでいました。

 ただ住んでいる所ではこれまでワイドFM局が開局されていなかったので、周波数の確認もしていませんでした。
ところがヒョンなことから、”ワイドFM”を聴くことが出来るようになりました。

ワイドFM
<前に購入した、”SDカード音楽プレーヤー”>


 先に岩手県旅行の時に、電車に乗る時間が長いので以前買った”中国製SDカード音楽プレーヤ”に『宮沢賢治の童話(朗読 長岡輝子)』を入れて聞いていました。
新幹線の時間が長かったので、このプレーヤーを色々いじっていて、FM放送の受信設定に”周波数設定”が3種類あり広範囲の周波数に設定できる事に気が付きました。(・・・なんせ購入したこの製品(中国製)には説明書が付いていなかったので)

 帰って来てから早速試してみました。
その結果このプレーヤーで新たに開設されたワイドFM局の電波を受信することが出来ました。
また周波数を確認してみたところ、現在持っている30年以上前の古い携帯ラジオやラジカセの内2台が受信可能であることが分かりました。
ワイドFM局を聴くには”専用のラジオが必要”というラジオ放送を先入観的に思い込んでいたのですが、そうでは無く、これまでのFMラジオ受信機でも”TVの音声が受信出来るもの”なら、このワイドFMが受信可能なのです。
昔は”ワイドFM”と言う名称は無かったものの、対応しているFMラジオ受信機は結構あったという事になります。

a-ワイドFMラジオ
<今回見つかった、ワイドFM局が受信可能なラジオ>


 ”SDカード音楽プレーヤー”でも一応受信は出来ますが、アンテナが貧弱なため受信が不安定だったのですが、やはり本来の(FM)ラジオは安定して全く問題無く受信可能でした。
という事で、安定して受信できていなかった民放の放送も、ワイドFM局で非常に安定して、しかもノイズが無く綺麗な音で聴くことが出来るようになりました。
お蔭で作業場でも快適に”AM放送(?)”を聴くことが出来るようになりました。


 これに気を良くしてNHKのAM局もワイドFMで聞けないのか、NET検索してみましたが、NHKは計画すらないそうです。
理由は”既にFM放送を行っているから”だそうです。
しかし現在のNHK・FMはAM放送とは放送内容が別物です。
私はAM放送と同じ放送を、ノイズの無い綺麗な音で聴きたいのです。

 多分NHKではラジオの音質を向上させても、収益向上に全く影響が無いので、やらないでしょうね・・・??!!

2018.09.03
関連記事

Comment

非公開コメント