FC2ブログ
つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード

車検

 ここで私が乗っている車が”車検”となりました。 
車検は車を所有して以来、もう何十回も通しているのですが、今回初めて『格安車検』なるものを受けてみました。

 これまで私の車検は全て”ディーラー車検”でした。
ところが、息子にあげた車は、車検専門業者の”格安車検”で通していました。
今乗っている私の車もここで9年目の車検を迎えるので、この際”格安車検”を受けてみる事にしました。

 第一の理由は”費用”を出来るだけ安く押えたい事”、第二の理由は”車検がどんなものか実際に見てみたい事”、そして第三の理由はこれまでのディーラー修理内容に時々疑問があった事と、前回のディーラー車検の費用がこれまでと同じ内容にも関わらず従来に比べ大幅に跳ね上がったので、第三業者の実態を確認したいと思った為です。(・・・謂わば”セカンドオピニオン”です)


 ”格安車検”も現在色々なタイプがありますが、今回はその目的から、車検の現場に実際に立ち会える”立ち会い車検”と言う車検方法にしました。
車検の最初から最後まで作業内容をつぶさに見ることが出来、修理の必要箇所は現場で車の状況を自分の目で確認して修理をするかどうか決定出来る方法です。

 車検の結果、修理必要箇所が2箇所発見されました。(部品交換)
その内の1箇所は以前マフラー固定方法に不具合(製造不良)があって、前にクレームを付けてデイーラー修理を行った箇所で、その時の修理に使った部材が悪く腐食が進んでいて、次の車検までは持たないだろうとの事で自分の目でしっかり確認した結果交換する事にしました。

 車検そのものの時間は30分強と極短時間で終了、その後の修理検討を含めても45分程度した。
検査内容をつぶさに見る事が出来、大いに勉強になりました。
これまでのデーラー車検では1日~2日程車を預ける必要があったのですが、今回の立ち合いの結果から車検そのものの必要時間は非常に短く、”格安車検”の車検料金が安い理由が良く分かり納得の内容でした。(・・・これが適正では?)

 ただ今回見つかった残り1箇所の修理箇所は部品交換が必要で、部品取り寄せの為日程的には3日間が必要となり、こちらはディーラー車検より日数は掛かってしまいました。(この車検場が全てのメーカーの部品をストックしている訳では無く、これは仕方ないところです)
しかもその交換部品箇所が車検必須項目に該当するので後日修理は出来ず、車は”預かり”となり、代車を借りて帰ってきました。(これだけは想定外でした)


 今回”格安車検”の立ち会いを通して、初めて車検における一連の検査内容が分かりました。
同時に、検査項目(必須項目?)のほとんどが機械(コンピューター)で自動的に行われており、この方法で行われる限る、何処で車検を受けても検査精度は同じ様な物であることを理解しました。
同時に”ディーラー車検”の価格差に改めて疑惑が深まりました。 

以上多分次の車検も、”格安車検”となると思います。


2018.09.01
関連記事

Comment

非公開コメント