FC2ブログ
つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

日除け設置

 この暑さ、本当に異常ですね。
ナタマメで作る”緑のカーテン”を育てていますが、現在最長でも2mでまだ葉の数も少なく全く効果がありません。

Gカーテン
<緑のカーテン現状: まだまだ成長が遅く、全く役立たずです>
 

 寝る時間だけエアコンを使っていますが、これまでは夏場には精々2~3回程度の使用でしたが、今は毎晩です。
日中はエアコンは使わないようにしています。
従来から暑さ対策で、西日が入る部屋や、二階の日当たりの良い部屋には、”すだれ”や”日除け”の設置してあり、これは既に夏前から対策済です。
我が家は築37年ですが、昨年まではそれだけで暑さ対策としては十分だったのですが、今年はこれまで不要と考えていた処まで”日除け”が欲しくなりました。
すなわち午前中だけ日が差し込む1階の部屋は、昨年までは日除けが無くても我慢できたのですが今年はダメです。
朝日であっても、少しでも太陽の光を遮断しないと、暑くていられないのです。

 そこで急遽一階のベランダ下に、”日除け”を取り付け出来る”鉄パイプ”を設置しました。

1、知人宅に設置した日除け

 ベランダの柱(アルミ)を利用した”日除け設置構造”は、自宅用としてかなり前から設計だけはありましたが、そこまで大掛かりな設備は要らないと考えてていました。
それを最初に設置したのは、昨年秋の知人宅でした。
これは”風防室”として、このブログにも投稿しました。
その構造をそのまま使って、今度は取り付けるシートを”日除け”に変更して今月頭に変更してきました。


夏・日除け
<以前知人宅に設置した、日除け(夏用)構造・・・今回自宅に設置したのと同じ構造です>


2.自宅に新規設置した日除け

 農用鉄パイプ(Φ19mm×5.5m)を5本使用して新規に設置した”シート固定枠”です。
昨年知人宅に設置したので、設置時間は3~4時間と考えていました。
ところが炎天下、直射日光をもろに浴びての作業は思ったより大変で、1時間毎に休憩しながらの作業でしたが汗だくとなり、結局2日間に分けて行うことになりました。(実作業時間は5時間)
この暑さは想像以上で、鉄パイプを直射日光に晒しておくと、素手で持てない熱さとなっていました。


パイプ枠 (1)

パイプ枠 (2)
<四辺に”農用鉄パイプ”を使い、ベランダ支柱(アルミ製)にドリルネジで固定した枠: 横5.5m×縦3.3m>

a-スペーサー
<自作スペーサー: シート固定に”ビニールハウス用パッカー”を使用する為、柱との固定部に”スペーサー”を使用・・・これがこの構造の肝>


a-パッカー塗装
<”パッカー”: パイプハウスにビニールシートを固定する治具50個準備・・・元の色は青で派手過ぎるので”茶色”に塗装>


日除け (1)

日除け (2)
<完成した日除け: シート2枚を”パッカー”で”枠”に固定>


 パイプ枠の設置には”スペーサー”の加工等、少々苦労します。
”日除け”を取り付けるだけなら、日除けに付属しているロープを四隅のハトメに通して引っ張れば良いだけなのですが、枠を設置したのには理由があります。 
冬場にはこの枠に日除けの代わりに、”透明ビニールシート”を取り付けて、風防室として使用する為の構造です。
冬場の雪や強風は結構手強いので、それに対抗できるしっかりした強度のある固定構造が必要です。
しかし一度作ってしまえば、パイプ枠に”パッカー”でシートを挟み込むだけの構造なので、シートの取り外し、取り付け時間は短く(30分程度)、簡単・確実に交換可能です。
又”ハトメ固定”と違って、シートの破損も少なく、シートの長期間使用が可能。
・・・日除けとしては、”ハトメ無しのシート”が欲しいのですが、選択肢が無いのが唯一の難点です。


a-パッカー外し
<シート交換用に作った”パッカー外し”: 百均のマイナスドライバーをバーナーで曲げ加工>




2018.07.25
関連記事

Comment

非公開コメント