FC2ブログ
つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード

農作業(収穫)

 今年も栽培作物の収穫をボツボツ迎えています。

 今年はこれまでのところ、嬉しい事に”猿被害”もなく、栽培している野菜も全て順調に生育しています。
そんな訳でここにきてその成果である収穫がボツボツ始まっています。

 最初の収穫は”ヤマウド”で今年の出来はイマイチでしたが、それでも春の味を十分堪能できましたが、暫く続いていた収穫もここで最後の収穫を終えました。(硬くて食べられなくなりました)


 玉葱も収穫を終えました。

玉ネギ2018
<玉ネギの収穫>

 最近の玉葱栽培としては、良く出来た方だと思います。
昨年は収穫時の判断に失敗して、乾燥でかなり腐りが出てしまいましたが、今年は天気予報を見て晴れ間を利用して畑で十分乾燥することが出来ました。
その後これを作業小屋の天井から吊るして更に乾燥させています。


 
yayoiちゃんラディッシュ
<yayoiちゃん”ラディシュ”>


 空いた畝の隅に種蒔したておいた”ラディシュ”を収穫しました。
『種さえ蒔いて置けば、何か出来る・・・蒔かないと何もできない』、これが我が家のモットーです。
間引きをしなかったお蔭で、やや小振りです。

木いちご
<木いちご初収穫>

 野菜ではありませんが、”木いちご(ラズベリー)”を初収穫しました。
今年の冬は寒暖差が大きかったので、木が傷んでいて収穫量の期待は出来ませんが、ソース加工して、ヨーグルトに掛けて食べたいと思います。


 さて農作業では毎年毎年沢山失敗し、それを教訓として学習しています。(・・・それでも同じ失敗があります)
最近は奥さん(農家育ちです)から多少の”お褒めの言葉”を貰って喜んでいます。(・・・操られています)

 今年は猿対策や、草取りも余裕で先行した作業が出来ました。
今のところ順調な農作業ですが、これからどうなりますか・・・?
梅雨時の雑草との戦いも思いやられます。
又根菜物の収穫となる、これからが猿との本当の勝負です。

2018.06.19
関連記事

Comment

非公開コメント