FC2ブログ
つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード

カラス対策(レーザー光試験)

(追) 本日カラスが小麦を食べる様子の動画撮影に成功しましたので、追加投稿しました。


[広告] VPS


2018.06.18
~~~~~~~~~~~~~~~~

 先日の『八ケ嶺ファームのおやじさん』のブログに、”カラス対策”の最終対策投稿が載っていました。
その後の投稿が無いので、現在無事対策効果が出ている様で一安心しました。

 ところでその投稿の中で、カラス対策の別方法として”レーザー光”について記載がありました。
最近我が家から100m程離れた近くの畑にカラスが舞い降りて、小麦の穂をついばんでいる処を二階から目撃してしまいました。

カラス対策 (1)
<小麦畑に降りたカラス>

 このカラス、嘴で器用に穂先だけへし折って、食べていました。
見ていると時々数羽が舞い降りて食べている様なので、これが毎日となると相当の量の麦が食べられていると思われます。

 ところがこのカラスが我が家の目の前の電柱に止まってこの小麦畑に舞い降りるタイミングを窺っていることに気が付きました。(我が家から電柱までの距離約15m)

カラス対策 (2)
<電柱上のカラス>

そこでこの機会にカラス対策の一つ、”レーザー光線”の試験を行ってみました。

 我が家には2種類のレーザー発生器があります。

カラス対策 (3)
<レーザー光発生器>
 ①放射温度計 : 赤色光スポット照射/ 石窯やタンドールの内部温度測定用に購入
 ②レーザー水平器: 線状の赤色光照射/ 建築用の水平・垂直基準線照射用

 いずれも出力1mWの正規品です。
カラス対策では”緑レーザー光”の方が”赤レーザー光”より効果が高いそうですが、ひとまず手持ちの”赤レーザー光”で効果があるかどうかの試験です。

~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~

 結果・・・全く効果なし!!?? (微動だにしない)

 放射温度計は夜間には百メートル先まで(小麦畑まで)届いているのは確認しましたので、電柱までなら距離理的には十分届いていると思われますが、昼間はその光は全く見えないので、カラスの眼に当たっているのかどうかは分かりません。
このポインタータイプのレーザー発生器での追い払い対策は無理だと思います。

 次に”水平器”ですが、これは幅広の一直線のレーザー光が出ているので、電柱の上から下に舐める様に照射しましたので、カラスには確実に当たっていると思いますが、こちらも全く効果がありません。

 いずれにしろ、正規品の”赤色レーザー光”では、カラスの追い払い対策は無理な気がします。
又出力の高い(違法な)”緑色レーザー光”でも、昼間カラスにピンポイントで照射させる事は無理な様な気がします。
NETを見ると、カラス対策で効果があると確かに記述がありますが、これは夜間に街中の街路樹に集まってネグラとしているカラスが対象の様です。(夜間なら光線が見えるので、確実に眼を狙って照射可能です)


 我が家の”猿対策”も、八ケ嶺ファームのおやじさんの”カラス対策”も”空中戦”です。
頭の良い有害鳥獣対策は一朝一夕には解決出来ないと思いますので、常に新たな対策検討の継続が必要になります。
今後もお互いに不断の努力で、有害鳥獣に負けないように頑張りましょう!! (・・・”同類相哀れむ”でしょうか?)


2018.06,15
関連記事

Comment

非公開コメント