FC2ブログ
つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード

ビワの木剪定

 我が家の玄関前に、”ビワの木”があります。

ビワ剪定 (1)
<ビワの木:8年程前の収穫直前の様子>

このビワの木は、子供が保育園の給食かおやつの時食べたビワの実を持ち帰って来たのを、土の中に埋めて置いたものが成長した物です。(従って樹齢30年以上です)
8年前位に一度だけ数十個の収穫をしたことがありました。
その時収穫した実が、余りに美味しかったので、次回の収穫を期待して剪定もせずに置いてありました。
しかしそれ以降、毎年花は沢山咲くのですが全く実を付けません。(花は冬に咲くので寒さの影響だと思います)
それでも木だけは大きくなって、玄関屋根の樋に接触するようになり、大風が吹くと擦れる音が結構耳障りとなりましたので、ここで思い切って半分ほどに剪定してしまいました。(実らないので、価値半減の為)


ビワ剪定 (2)
<剪定後のビワの木>

 剪定の結果、切り落とした大量の枝が発生しました。
30年以上大切に(?)育てた木なので、切った枝の有効利用を計画しました。

(1)枝の活用方法

 切った枝はほとんどが細い枝で、製材は出来ないので、テーブルソーで輪切りにしました。
これを今乾燥させています。

ビワ木口切
<輪切り丸太(枝)を乾燥中: これだけでも中々面白い模様だと思います>

 これを使って何か作りたいと思案中です。


(2)葉っぱの活用方法

 葉っぱは『ビワ茶』にすることにしました。
”ビワ茶”は健康食品だと聞いています、前に一度だけ作ったことがありましたが、その時飲んだかどうかは忘れてしまいました。
NETで作り方を調べたところ、”2年生以上の古い葉を使う”と書かれていました。
見てもどれが2年生なのか分かりませんが、出来るだけ緑が濃い、しっかりした葉っぱだけ取りました。

ビワ剪定 (3)
<葉っぱを”押し切り”で1cm幅に切断>

ビワ剪定 (4)
<切断した葉っぱを”モロブタ”に広げ、縁側で自然乾燥中>



2018.06.13
関連記事

Comment

非公開コメント