FC2ブログ
つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード

草間彌生展に行ってきました

 ”草間彌生展”に行って来ました。

a-彌生ちゃん
<yayoiちゃん>

 この”草間彌生展”は現在彼女の生まれ故郷、松本市の美術館で3月初から開催されていたのですが、非常に人気が高い様で、土日祭日にはもの凄い入場者数だとの報道があり躊躇していました。
やはり5月末には累積入場者数が84,100人(彌生の語呂合わせ)となり、記念品が送られたとTVニュースで流れていました。

 6月には入ったので、そろそろ少なくなっているだろうとの予測で、それでも平日の午前中を狙って行って来ました。
お蔭で予測通り人は少なく、ゆっくり鑑賞できました。・・・一箇所もの凄い長蛇の列になる展示(これが目玉です)がありますが、この日は難なくクリアー)


a-草間彌生展
<展覧会入口: 壁全体が草間模様です>

彌生展 (2)
<内部展示>

草間展 (1)

彌生展 (1)

<一部撮影OKなので撮ってきました>


 草間彌生についてはこれまでもTV等で特集があったりで、奇人変人ぶりは色々見ていますが、今回の展覧会で改めてこの人の奇抜さを実感してきました。
これまで海外旅行での美術館巡りを含め、絵画展は沢山見て来ました。
しかしこの”草間彌生展”はそれとは全く異質です。
創作のジャンルが広く、スケールが桁違いに大きいのです。

 健常者にはとても出来ない表現です。(この表現は良くないとは思いますが、適当な言葉がありません)
この芸術(=ユニークさ)はどこから来ているのか、理解しようとしても出来ません。
実際展示を暫く見ているうちに、頭が痛くなってきました。(・・・頭で理解しようとする凡人には理解不能)
しかしいつの間にか魅了されてしまう恐ろしさがあります。

 この展覧会は、まだ7月22日まで開催されています。
この芸術作品を文章で記述することはとてもできませんので、是が非でも展覧会に足を運んで現物を見てください。
ワザワザ行くだけの価値は十分あると思います。

草間展 (2) <窓も草間模様>


2018.06.07
関連記事

Comment

非公開コメント