FC2ブログ
つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード

ホップ栽培(蔓上げ)

 ”ホップの蔓上げ”を行いました。


 前に”株作り”を行ったのですが、その後畑の作業に追われていた間に、ホップの蔓が伸びていたのですが気付きませんでした。
先日見た時には蔓は既に2mを超えるものまであり、驚いて大慌てで”蔓上げ”を行いました。


ホップ蔓上げ
<蔓上げしたホップ: (左)メインのホップ棚、(中)一昨年株分けしたホップ棚、(右)苗を個人輸入したホップ>


 昨年までは1列だけでしたが、今年は3列のホップ棚となりました。
その増えた一列は一昨年株分けした”カイコガネ”、もう一列は数年程前に苗(地下茎)を個人輸入した本格的な醸造用ホップです。
何れも今年の生育は良好で、全てからホップが収穫できそうです。

 但し個人輸入したホップは、数年前に5種類程輸入して植え付けましたが、これまでどれも非常に生育が悪くその内何本かは枯れてしまいました。
又残っていた株もこれまで実が付きませんでした。

 ところで現在数株が生き残っているのですが、管理が悪くどれがどれだか名前を特定出来ません。
今年もし実が着けば、その”香り”から名前が特定できる可能性がありますが・・・果たして分かりますか?(期待はしています)

2018.05.29
関連記事

Comment

非公開コメント