FC2ブログ
つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード

ベルギー・オランダ旅行記(5)

< オランダ >

・いよいよオランダです。
 そしてこの旅行記最後の投稿にします。(そろそろ飽きてきた頃だと思いますので、今後気が向いたら又投稿したいと思います)


風車 (1)

風車 (2)
<キンデルダイクの風車群・・・ここは10基程度ですが、現在これほどまとまってあるところは少ないそうです>


・オランダに入って方々で風車を見ました。
  昔はどこでも運河沿いに並んでいたそうですが今では相当少なくなったと聞きました。
  しかしバスで走っていると時々風車を見かけるので、全土にはまだ相当数あると思われます。(動いてるものはないので観光用か)
 ・それに代わって、現代の風車、”風車発電機”が恐ろしい数、乱立しています。
  ベルギーでもオランダでも巨大な風車発電機が道路沿いに並んで建っているのを至る処で眼にしました。
  この国では自然エネルギー発電は風車が主流の様です。(ソーラーパネルは小規模の物が多少ありましたが、日本の様に農地を埋め尽くす様な異様な光景はありませんでした)

  
 [広告] VPS
 <現代の風車群動画>

~~~~~~~~~~~~~~~~

 さてこの旅行で一番の目的の、『キューヘンホフ公園』です。
この日は昼食(自由食)をはさんで、4時間の公園散策でした。
当初4時間もの散策時間で、何をして”暇潰し”したらよいか心配でした。(この長時間滞在がツアーを選定した理由でした・・・検討した別のほとんどのツアーは滞在時間が2~3時間でしたので結果的に大正解でした)

ところが実際は、4時間でも全く足りないほどの見所一杯の公園で、後半は駆け足で廻らなければいけないほど時間が足りなくなってしまいました。


 この公園の世界中から集まった観光客の多さには圧倒されました。(この花の時期だけですから、集中するのは当然です)
昼食はガイドさんお奨めのレストランは大混雑で諦めました、屋台でも長時間並ばないと買えません。
この日は晴天だったので、昼は公園の芝生で食べましたが、これで雨でも降っていたら大変悲惨な状態になったと思います。(屋根付きの施設はほとんど無く、その収容能力は極めて貧弱です)
改めて今回のツアー全行程が晴天の幸運に恵まれたことに感謝です。


キューヘンホフ公園 (1) <入り口のゲート>

キューヘンホフ公園 (4)

<世界中から集まっている観光客: 晴天なのでいいですが、これが雨なら・・・>



キューヘンホフ公園 (2)

キューヘンホフ公園 (5)

キューヘンホフ公園 (6)

キューヘンホフ公園 (7)

キューヘンホフ公園 (8)

キューヘンホフ公園 (9)

キューヘンホフ公園 (10)

キューヘンホフ公園 (11)

キューヘンホフ公園 (12)

<公園内: 撮った画像のほんの一部です>



キューヘンホフ公園 (3)
<昼食: レストランはどこも超満員・・・そこで屋台で”ハーリング(ニシンの酢漬け)”購入・・・これが中々美味い!>


~~~~~~~~~~~~~~~~

 キューヘンホフ公園周辺のチューリップやヒヤシンス畑。
キューヘンホフ公園の周りはチューリップ畑に取り囲まれていますが、観光客の為に作っているのではなく、球根栽培が目的なので花は異端児(目的外の品種の株)を引き抜くときの目印で、それが終わると花だけ機械で刈り取ってしまうそうです。

[広告] VPS
<公園前の農作業動画: この畑は今年は作付けを行わず休養の様です・・・観光など全く考慮無し?>

チューリップ畑 (1)

チューリップ畑 (2) <赤く見える道は自転車道です  歩行者は草地を歩いています・・・何故でしょう? →下の画像解説をお読みください>

チューリップ畑 (3)

チューリップ畑 (4)

チューリップ畑 (5) <オランダ中に自転車道があります・・・自転車優先なので自転車道上の衝突で歩行者が死亡しても自転車側に責任はないそうです?・・・オランダに行った時には注意してください>

<チューリップ畑>

 日本で、「なんでわざわざ高い金を払ってオランダのチューリップを見の行くのか分からない、チューリップなら砺波に行けば十分じゃないか。」と云う人が居ましたが、オランダのチューリップ畑はやはり比較にならない規模で、それだの価値は十分ありました。(これを見ると砺波のチューリップなど・・・)
ただ今年のチューリップは咲き始めで、最盛期は1~2週間後と思われ、それだけは残念な結果となりました。(・・・心残りですが、何回来ても最盛期に巡り合わない可愛そうな人も居るのです・・・添乗員さんも)

関連記事

Comment

非公開コメント