FC2ブログ
つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード

電柵畑拡張

 いよいよ今年の農作業を開始しています。
毎年最初に行うのは”じゃがいも畑作り”です。
”電柵畑”の中に作りますが、作物の無い春の最初だけに出来る作業はトラクターによる”耕うん”です。
昨年トラクター不調の対策をいろいろやりましたので、今年こそは絶対問題ないと意気込んでセルをスタートさせました。

 一発で掛かりました。 ・・・流石!!

 ところがものの1分でエンジン停止・・・??
スターターは快調でエンジンは掛かるのですが、それからどうやっても1分以上動きません。
それどころか、ついにセルまで廻らなくなってしまいました。(バッテリーは問題ありません)
トラクターが動かないお蔭で、今年もまた最初の作業は”こまめ(管理機)”での畑作りとなってしまいました。・・・トホホ

 さてその電柵畑の横に、毎年”菜の花畑”を作っています。
蒔くのは”野沢菜”に使って残った種で、秋に同時に蒔いてありました。
ところが今年はどうしたことか、その畑に青い葉っぱが見えません。

電柵拡張2018 (1)
<ここが”菜の花畑”のハズですが??>

電柵拡張2018 (2)
<食害の痕>

 猿にやられました。

 遠眼には全く作物が見えませんでしたが、近くまで行くと下葉と茎だけ残っていました。
電柵畑の外ですが昨年までは被害は無く、毎年美味しい”菜の花の辛し和え”を食べる事が出来ていました。
今年になって、とうとうここまで猿の被害が広がってしまいました。

 さて我が家猿対策の電柵を導入してから、今年で5年目になりました。
最初に作った自作の電柵畑も丸4年間使った事になります。
その最初の電柵の支柱は木の棒(はぜ棒)で造りましたが、昨年末に確認したところ根元が腐ってグラグラしていました。
そこで今年の春はここの修復を予定していました。
ところが猿被害を目の当たりにしたので、この修復に合わせて拡張を計画しました。

 拡張と言っても11mの1辺だけを幅を2m広げるだけです。(6.7坪分)
そういっても、1~2畝位広がるので、野菜が2~3種類多く作ることができます。
猿被害なしで作る事の出来る野菜は、我が家にとって非常に貴重なのです。


電柵拡張2018 (6)
<拡張部分: 電柵の修復箇所>


電柵拡張2018 (7)
<まずパイプカッターでの単管切断で大汗を掻きます>

電柵拡張2018 (3)
<2m拡張>

 今回は単管と鉄パイプを支柱に使って造ります。
”縦型PETボトル碍子”も今年に入ってから準備を進めていたのでこの作業は1日で完成出来ました。
一番苦労したのは、古い電柵支柱の解体作業。
最初に作った電柵だけあって、必要以上に番線や針金で強固に固定されていて、この切断に相当の時間を費やし、朝9時から夕方5時まで作業を行なうことになってしまいました。(1日で完成させないと、電柵内の玉葱が猿にやられる危険性があります)


電柵拡張2018 (4)
<完成した電柵畑拡張部分: 縦型碍子は設置が簡単で良好>

電柵拡張2018 (5)
<今回ソーラーパネルも柵内の隅に移動設置: 電源操作は柵越しで・・・左手奥に見えるのは隣の家の猿対策ネット>

 またまた猿との戦いの日々もスタートです。

関連記事

Comment

非公開コメント