FC2ブログ
つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

防風林剪定作業(側面の剪定) 

 先月末旅行から帰って来て、車のタイヤ交換(スタッドレス→普通タイヤ)を行いました。
何時もは6月第1週の”八ヶ岳開山祭”の後に行っていたので、1ヶ月半も早いこの時期にタイヤ交換をしたことは最近では記憶にありません。
山は6月といっても、年によって林道に雪があることがあり、昔開山祭に行った帰りにスリップして危険な目にあったのでそのトラウマです。
今年は開山祭に行かないので、この時期にタイヤ交換となりました。(それでも世間様よりは大分遅目です)
そのタイヤ交換後の確認を兼ねて先日、八ヶ岳の麦草峠(標高2127m)を通って佐久に行って来ましたが、峠の頂上付近にはまだまだ雪が残っていました。
温かいと言っても山は例年通りのようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~

 さて以前防風林の”切り詰め作業”の投稿をしました。
今回その風防林の側面の剪定を行いました。

数年間剪定を行わなかったので、その間伸びた枝は50cmから長い物では2m近くもあり、結構な太さのものがあります。
さらにこの風防林は高さ2mの石崖の上にあるので、木そのものは4m位なのですが剪定は石垣の下から行う事になるので、6mの長さの道具が必要となります。

 そこで今回”高枝切りチェンソー”なるものを自作しました。

a-高枝チェンソー
<高枝チェンソー: 電動チェンソーを使って、廃自転車のハンドルを取り付けました>

 ところがこのチェンソー、全く役立たずに終わってしまいました。
電動チェンソーはソーチェーンの回転数が低いので、ゆらゆら揺れる枝は押し付けても逃げてしまって全く切れませんでした。
固定部分が複雑で製作に丸一日掛かったのですが、残念至極!!(TV通販でも同じような物がありますが、あれはどうなんでしょうか・・・??)


 検討した結果、前にも登場したことのある”高枝バリカン”の再登場です。
色々検討しましたが、太い枝は”高枝ノコギリ”を使い、ユラユラ揺れる細い枝切りにはバリカンでないとダメという結論となりました。
そこで前に造った”高枝バリカン”を改造して5mの高さまで届く様にしました。
またその操作性改善の為、前回の高枝切りチェンソーで使用した廃自転車のハンドル部を連結しました。

a-高枝バリカン
<高枝バリカン: こちらも廃自転車のハンドルを使用>

 これを三脚に乗って使う事で、6mまで届き、結構効果的に剪定作業が出来ました。


a-剪定作業
<(左)剪定前、(右)剪定後: まだ上部に届かないところがあります>


2018.05.09
関連記事

Comment

非公開コメント