FC2ブログ
つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

農作業始動

 暖かい天気が続いています。
そこで本日からいよいよ今年度の農作業を開始しました。


農作業開始 (1)
<今年最初の”ふきのとう”を収穫しました


 今年最初の作業は、『農地開墾』です。
昨年、一昨年と畑の隅に”蔓ありインゲン”を作ったのですが、猿被害に遭ってしまいました。
猿がインゲンを食べるのではないです、・・・インゲンの”手”に登って壊してしまうのです。(猿にとっては”お遊び”です)
お蔭でインゲンの蔓が傷んで、収量が大幅に減少してしまいました。
作っているインゲンは”固定種”と言われている”伝統野菜”で、収量は多くないのですが大変美味しいので、今年も作りたいと思っていました。

 その為には猿被害を何とかしないといけないと思っているのですが、”蔓ありインゲン”なので、少なくても高さ3m程度の”手”を設置する必要があります。
電柵畑は狭いので、この設置面積を確保するのが困難です。(面積が必要な割に収穫量が少なく、電柵畑の有効利用にならない)
そこで最終的に候補となったのが、”耕作放棄地”。
家の一段下の(元)畑です。
ここは数年前までは、我が家で対策無しでも猿被害に遭わない唯一の畑でした。(前は猿がここまで降りてこなかった場所)
しかし、一度猿被害に遭ってからは毎年のように被害が発生し、ついに栽培を止めて以来荒廃地となっていました。

 さてこの畑は昨年末、家の周りの風防林の剪定を行った時に出た伐採木の集積地となっていました。
その為最初の作業が、この伐採木の片付けとなりました。


農作業開始 (2) 農作業開始 (3)
<作業前> → <作業後: 数年栽培していないので開墾が必要です>


農作業開始
<伐採木は、裏の耕作放棄地の隅に再積み上げ・・・後日焼却処分します>


 伐採木を単に、下の耕作放棄地から裏の耕作放棄地の隅に移動しただけですが、結構な量で一日仕事になってしまいました。
お蔭で伐採木は無くなりましたが、数年間耕作していないので草原の様に硬くなっています、後日ここを開墾します。
崖下でトラクターが入らないので、コマメ(管理機)で時間を掛けて開墾する事になります。
そこまで手を掛けても”猿被害が無い”保証はありませんが、やるだけやってみます。

 今年もいよいよ”猿との戦い開始”です。

2018.03.15
関連記事

Comment

非公開コメント