FC2ブログ
つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード

布ぞうり編み台

 奥さんからの依頼で『布ぞうり編み台』を作りました。

 冬場は畑仕事が無いので奥さんも暇で(?)、休日には”習い事”に熱心に通っていました。
先日も電車で松本まで”布ぞうり作り講習会”に行って来たようです。(最初”藁ぞうり”と聞き間違えて、確り怒られました)
半日の講習会の様でしたが、それでも2足のぞうりを完成させて持ち帰って来ました。(ただし講師の先生の手が相当入っている様です)

 この”布ぞうり”は比較的簡単に出来るようですが、それでも自力で10足くらいは仕上げないとソコソコの物でも作れないとの事です。
講習会では生徒一人一人に”編み台”という道具(治具)が貸与され、それを使って作ったそうです。
自宅で作る為に、この”編み台”が欲しいとの依頼です。

 そこでこんなのもを作り上げました。

布ぞうり編み台 (1)
<完成した”布ぞうり編み台”: 昔自作した丸太ベンチを台として使い、”櫛の歯状の板”だけ製作 >


布ぞうり編み台 (2)
<差し込み口: 110°の角度で取り付けられます>


 講習会では床の上に治具を置いて、そこに座って自分の体重で固定する治具だった様ですが、床に座って作業するのは結構足が疲れると思われるので、丸太ベンチを活用することにしました。
専用治具の方が簡単に出来るのですが、それだと使用後の収納も大変なので(邪魔になる)、これだと使わない時は板1枚抜くだけで邪魔になりません。(それに専用治具を作っても、どの程度使うか・・・??)


布ぞうり編み台 (3)
<”布ぞうり編み台”を使っての”布ぞうり作り”: これは作った人のセンスが大いに問われるものですね>


2018.03,19
関連記事

Comment

非公開コメント