つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

牛伏川を地獄谷から極楽平まで

 お盆で長男が帰省してきました。
本日は天気が良いと言う予報だったので、長男が前から行きたいと言っていた松本の”牛伏川”に奥さんと3人で行って来ました。
このコースを登るのは私は今回で4回目ですが、まだ行ったことが無かった”石切り場”までが目標でしたが、”地獄谷”を登っている頃からパラパラと雨が降って来たので、”極楽平”で引き返して来ました。

牛伏川0813 (1)
<これまでの豪雨で洗われたか、これまでで一番綺麗な流れでした>


牛伏川0813 (2)
<川底: これでも水が流れています>


 今回も登山コースを外れて、ボランティアのご老人が一人で発掘作業を行っている”泥沢”の発掘現場に行って来ました。
当然ながら昨年より作業が一段と進んでいて、左岸の水路の発掘はほとんど終了していました。
今度は新たに右岸の水路に着手した様で”命綱”が下がっていて、こちらの発掘もかなり進展していて、既に石積みが見えていました。

牛伏川0813 (4) <下から見た発掘された”石積み水路”> 

a-牛伏川0813 <上から見た”石積み水路”>

牛伏川0813 (3) <フシグロセンノウ>

牛伏川0813 (6) <今年は山ぶどうも豊作?>

牛伏川0813 (5) <極楽平: ”アサギマダラ”も渡りの為のエネルギー補給のようです>



 往復3時間のピストンとなりましたが、この間誰とも会わない、本当に静かな山行でした。

 下山してきたら、”フランス式階段工”キャンプ場の前の石積み水路で、三重県から大型バスで訪れた大勢の子供たちが賑やかに川の中で遊んでいました。
泳ぐほどの水量はありませんが、川底まで石積ですから、ここは小さな子供たちの夏の水遊びとして絶好の場所です。
キャンプ場にはこれまで3回来ても一度も見たことが無かったテントも5張程張られていました。
電気もありませんし、オートキャンプも出来ませんが、キャンプ場としては最高の環境だと思います。


牛伏川0813 (7)

2017.08.13
関連記事

Comment

非公開コメント