つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

厚板ベンチ(その3)

 先日脚だけを作ってあった、”厚板ベンチ”完成です。


厚板ベンチ (3)
<単板ベンチ>


厚板ベンチ (2)
<背もたれ付ベンチ>


板は仕上げ加工等特に行わず、製材したままの状態でバーナーで焼き、直後に自作柿渋塗料を浸み込ませた布で磨き加工しました。
これが柿渋液に板が焼けた時に出来た炭が溶けて、中々良い色合いとなりました。
今後柿渋は太陽光で次第に変色していくはずなので楽しみです。


 今回も板と脚の連結は単管用の”固定ベース”を使用しました。
前回は半割丸太を使用したので固定ベースの取り付平面を作る為、ルーター加工しました。
しかし今回は半割丸太では無く、製材した6cm厚の板なので、同じ脚構造を使っていますが板は加工せずネジで簡単に取り付け出来ました。

厚板ベンチ (1)

厚板ベンチ (5)
<ベンチ板: 板のチェンソー目はそのままにバーナーで焼き、自作柿渋塗料で磨き加工>


<厚板ベンチ (4)


厚板ベンチ (6)

<完成したベンチ>



2017.09.01
関連記事

Comment

非公開コメント