つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

猿被害

 1週間振りで畑に行って来ました。
着いて直ぐ猿被害の悲惨な状態が目に飛び込んできました。

 ご近所に方の話では、猿が畑に入っているのに気が付いて、直ぐに家に電話を入れてくれた様ですが、その時は畑に向かっている途中で、繋がらなかったという事でした。
そのことから到着する寸前まで猿が畑に入っていた様です。


猿被害2017 (2)
<モロコシ全滅>


猿被害2017 (3)
<枝豆全滅>


猿被害2017 (5) 猿被害2017 (6)
<カボチャ全滅>

 被害は電柵畑の中です。
電柵電源は正常に作動していました。

・・・ただ、電柵の扉が開いていました。
扉は針金で簡単に止めてあるだけだったので、猿でも簡単に開けることが出来た可能性があります。
又最近は扉の管理がゾンザイとなっていて、針金で固定していなかったか、閉め忘れた可能性もあります。
いずれにしろ、電柵は正常に作動していたにも関わらず、正門玄関から堂々と入られてしまいました。  
電柵設置後の被害としては、これまでで最悪の結果です。  ・・・アアァ


猿被害2017 (1)
<開いていた電柵の扉>


 今年は”お盆”に”モロコシ”や”枝豆”をつまみに美味しいビールが飲めると思っていたのですが・・・

 ・・・ このショックでますます、農作業へのやる気がなくなりそうです。


2017.08.04
関連記事

Comment

非公開コメント