つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

自作草取り鎌(草抜き鎌)

 草取り鎌を自作しました。
少し特殊な使い方をする鎌なので、名称的には”草抜き鎌”が適当だと思います。

 農業は”雑草との戦い”です。
梅雨入から夏に掛けては、凄まじい雑草の成長との格闘の日々です。
成長に負けて、雑草に花が咲いて種が落ちると、ますますその除去は困難となります。
如何に効率良く、疲れずに雑草取りが出来るかが勝負の分かれ目でとなります。


 これまで毎年この雑草取りに負けて、最後には一面の雑草畑になっていたのですが、今年は例年より少しは土の顔が見える畑となっています。
それには今年使っている”自作草取り鎌”がいくらか貢献している様に思います。(・・・効果は限定的ですが)


草取り鎌 (1)
<草取り鎌: (上)従来からの市販品、(下)自作草取り鎌>

草取り鎌 (2)
<自作草取り鎌: 製材用バンドソーの刃を加工、ただ少し刃が長過ぎでした>


 前に芝生専用の草抜き鎌を作ったことがあり、現在も非常に便利に使っています。
そこでこれと同じ構成で、より大型の草取鎌を作りました。
”ノコギリ”と同じ構造なので、従来の草取鎌とは異なった使い方をします。

 草の根に向かって先端を差し込んで、草の方向に押し付ける様に引き抜くと、”あら不思議!”刃に草の根が絡まって簡単に抜けてきます。
従来の鎌の様に、雑草の根を引き切って残すことが少ないので、一度草取りを行うと、そこからは新しい雑草が生えてこないようです。
又これまでの草取は鎌を持っている手首が疲れますが、この新しい鎌は腕の前後運動なので、手首は疲れませんが腕の方に負担がきます。

 特に雨後の少し柔らかくなった土での雑草取りでは有効です。
逆にカラカラの堅い土や、石混じりの土では苦労します。(刃が曲がります)
従来の草取り鎌より多少作業時間が掛かりますが、雑草除去の確実性と疲労具合との総合評価としては、合格点を貰える道具だと思います。

2017.08.22
関連記事

Comment

非公開コメント