つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

新規栽培作物

 今年の我が家の新規栽培作物は『ショウガ(生姜)』です。

 畑の野菜作りも毎年同じ物だとつまらないので、毎年何か新しい物を栽培したいと考えて取り組んでいます。
昨年は”落花生”でした。
これは大成功で、今年は昨年の5倍量を栽培しています。

 今年の新規栽培品は、猿被害の無いと言う”生姜”にしました。

 これまで”生姜”はこの寒冷地では栽培出来ないと勝手に思い込んでいたのですが、昨年近くの産直で地元産の”生姜”を見つけました。
店の人に聞くと、「この人は毎年出荷していて、評判は良いよ。」との事でした。
これは一般に売られている物より、小さくて色が黒く、何とも貧弱に見えました。
それでも買って食べてみると、結構香りが強くて味はまずまずでした。

 さて今年の春に山梨県に行った折り、下部町の産直で”生姜の種イモ(?)”見つけました。
そこは山梨県の中ではかなり寒い土地柄ですが、ここで普通に栽培されている地元産だそうです。
そこそこ良い値段でしたが、確りした品物に見えたので買ってきました。(¥1500/1kg)

 ところが買って来てから泥縄で栽培法を勉強すると、これは中々やっかいな作物であることが分かりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・何も処理せず植付けると”芽出し”には2カ月間必要 ・・・ この間低温(15℃以下)だと失敗する事も多い。
・種イモの植付けは、芽が出る方向を上に向ける ・・・下に向けると芽は出ない
・植え付けてから芽が出るまで絶対水をやらない ・・・ 雨もダメ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NETで捜した栽培法には、『”種ショウガ”は芽が出ているのもを購入する』と書いてありましたが、購入品は全く芽はわかりません。

生姜栽培 (1)
<日光浴: 日光に当てると2~3日で芽が出ると書いてありましたが、1週間当てても芽はでません>


芽の方向が分からないので、全てを水平に植えました。
水が入らないように廃マルチを2枚重ねて畝の上にかけて置きました。


 さて生姜の事はすっかり忘れていて、ここで気が付いたら種生姜から出た芽がマルチを持ち上げていました。
種ショウガの植付けは5月/中でしたから、約45日程で芽が出た勘定です。
従って”種ショウガの日光浴”はほぼ効果なしの結果となりました。
ともあれ、一番心配していた芽出しに成功しました。 ・・・日照りが続いたのが良かったのか、忘れていたのが良かったのか??

生姜栽培 (2)
<草に埋もれたマルチ: 三角テントの様になっていました>


生姜栽培 (3)
<無事発芽した生姜: 猿被害は無いので(?)耕作放棄地の一角で栽培中>


 収穫は秋の終わり頃の予定ですが、楽しみです。
但し、注意しないと草に埋もれてしまいそうです。


2017.07.07

関連記事

Comment

非公開コメント