つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ウド収穫鎌

  今年もウドを沢山収穫しました。
ただ出だしは好調でしたが、途中からパッタリ採れなくなりました。
これは今年の異常気候の影響があるのでしょうか?

ウド収穫鎌 (1)
<ウドの白化処理>


 さてこのウド栽培では、昨年から”白化処理(軟化処理)”を行っています。
ウドの根株の周囲をトタンで囲って、その中に籾殻を詰めてウドの芽が光で緑色になるのを防止し、尚且つ長くて白いウドを収穫する栽培法です。
伸びたウドの収穫はトタンの下から草刈鎌を差し込んで、狙いを付けたウドの下を鎌の先端で切って上から引き抜いて収穫します。
ところがこれが中々上手く狙いが定まりません。(傍の隠れている短いウドも切ってしまう事が時々あります)
又鎌刃が長く、柄の部分が太いので、トタンを少し持ち上げないと上手く切断できません。
そうするとこの隙間から籾殻がこぼれてしまい、籾殻の深さが段々浅くなってしまって具合が悪いのです。

 そこで専用の”ウド収穫鎌”を自作しました。


ウド収穫鎌 (2)
<原料の刈払い機の”廃チップソー”>


ウド収穫鎌 (3)
<ディスクグラインダーで切り取り、刃付け(両刃) >

ウド収穫鎌 (4)
<鉄の平板の柄を溶接して完成: 長さ60cm>


 ディスクグラインダーでの切り抜き加工が、結構大変で綺麗に切り取れませんが、それでも完成した鎌は厚みが薄く、幅も狭いのですが焼が入っているので非常に優秀です。


2017.06.22
関連記事

Comment

非公開コメント