つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

メインデッシュはバラ

 ここしばらくは、我が家の夕食の食卓でのメインディッシュは”バラの皿盛”です・・・?(笑)

バラ5
<メインディッシュのバラの皿盛: ・・・?>



 今我が家の庭はバラの最盛期です。
奥さんが夕方仕事から帰って来ると、まず最初に行うのがくたびれたバラの花摘みと、一番綺麗なバラの花の切り取りです。


 バラ園巡りは楽しいのですが、見るだけで、出来る事はせいぜい写真に収める位です。
しかし自宅で栽培しているバラは、その一番綺麗な時に切り取って室内に飾ることが出来ます。


 そんな訳で私は今年バラ園巡りをしていません。(・・・少々飽きました)
しかし奥さんは相変わらずバラ園巡りをしています。
そのお相手は、最近バラ栽培に目覚めた奥さんの妹です。
今年は”京成バラ園(千葉市)”や”一本木公園(中野市)”に行った様です。



a-バラ3
<バラ、バラ、バラ、バラ>


2017.06.13
関連記事

Comment

非公開コメント