つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

芝生張り替え

 自宅庭の芝生の張り替えを始めました。

 我が家では約15年程前から庭の一部を芝生にしてありますが、ここで張替えを開始しました。
最近は雨がほとんどなく、加えて先週から真夏の陽気で、芝張りには向かないので様子見をしていました。
ここでようやく雨の予報で、急遽作業を開始しました。

 この芝の張替えは2回目です。
前回は3年前に張替えを行いましたが、最初の年から元気が無く、昨年は全く伸びず”芝刈り”も一度も行いませんでした。
この芝、近くにHCがオープンした時の、オープン記念の安売りの”高麗芝”でした。
破格の安さだった覚えがありますが、買った時は問題ないように見えたのですが・・・?
結局”安かろう、悪かろう”の典型でした。


 芝張替え2017 (4)
<購入した芝: 一番上は枯れている様に見えるので、2束余分に購入>


芝張替え2017 (1)
 <芝及び表土を5cm程剥ぎ整地>


芝張替え2017 (2) 芝張替え2017 (3)
 <砂を入れ整地 >



芝張替え2017 (6)
 <ターフカッター: 端等の細部のカット用(廃材利用の自作品)>


芝張替え2017 (5)
 <芝張り完成: 思いの外使えそうな芝の量があったので、目地無しの”ベタ張り”です>



 さてこの芝も安物です。
・・・と言うか、”見切り処分品”です。(定価¥500/束 →値下げで¥200/束)
本当はもう少し早い時期にやるつもりでいたのですが、今年は畑仕事が忙しく、延び延びとなってしまいました。
思い立って開始した時には、芝販売は”時既に遅し”、HCの店頭では見るも無残な物も結構ありました。
そんな中で、あるHCで在庫処分の値下げ品で並んでいたのですが、外のところより多少程度が良さそうなので思い切って購入してきました。


 ”安物買いの銭失い”とならないことを願っています。


2017.05.25
関連記事

Comment

非公開コメント