つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ごんぼっぱ餅 

 この春、これまで畑で栽培していた”オヤマボクチ”の株を掘り上げて、山に移植しました。

 このオヤマボクチ栽培を始めた目的は、蕎麦の繋ぎとして使う為でした。
長野県は蕎麦が有名ですが、特に北信地区(長野県の北の地方)では”幻の蕎麦”とも言われている蕎麦が有名です。
これは蕎麦の繋ぎにこのオヤマボクチの繊維を使ったもので、正式名称は『ボクチ蕎麦』と言います。
この蕎麦は非常に美味しく、私も自分でこの”ボクチ蕎麦”作る為に”オヤマボクチ”の栽培をしています。

 しかし年間数回ボクチ蕎麦作りをするだけなので、使用する繊維の量は大したことはなく(約15g=3g×5回)、畑の厄介者になっていました。
今年は畑で栽培していた厄介者の”ワラビ”を山に移植したので、ついでにこの同じく厄介者のオヤマボクチも畑から掘り上げて山に移植してしまいました。


草餅 (1)
<移植したオヤマボクチ: 今年はまだ発芽していないので、昨年の夏の画像です>


 先日そのオヤマボクチの葉を使った”ごんぼっぱ餅 ”が出来ました。
オヤマボクチを蕎麦の繋ぎ以外に使えないかと思って、私が昨年夏に収穫した葉を茹でて冷凍保存してあったものですが、忘れていて先日奥さんが冷凍庫を整理していて発見(?)しました。
そこでようやく”ごんぼっぱ餅”が日の目を見たという訳です。


草餅 (2)
<1年ぶりに出来上がった”ごんぼっぱ餅(饅頭)”>



 色と外観はヨモギ餅(草餅)と全くです。
味と香りが無い事で、蕎麦の繋ぎに使われているだけあって、餅にしてもほとんど無味無臭でした。
しかし食感は確りした歯ごたえで美味しいと思います。

 以前山梨県の”道の駅”で”うらじろ(裏白)饅頭”と言うオヤマボクチを使った大福をわざわざ購入する為に行ったことがありましたが、やはり同じ味だったと記憶しています。
ヨモギ餅の方が香りでは優れていますが、こちらも又素朴で美味しいと思いました。

2017.05.13
関連記事

Comment

非公開コメント