つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

お花見&出張農作業

 お花見がてら、”農作業の出張作業”を行って来ました。

 所属する山岳会が毎年秋に実施する”キノコ狩り”の会場として別荘を提供して頂いている方が居ます。
その広大な敷地の一角に畑があります。(農地としても結構な広さがあります)
忙しい人なので中々別荘に来れないと見えて畑と言うより、”草原”の様に見えます。

 昨年のキノコ狩りの折り、「来年から少し時間が取れそうなので、少し畑をやってみたい。」様な事を言っていました。
しかしほとんど荒れ放題の畑なので、「もしやるとしても、最初に開墾しないとダメじゃないかな。」
という事で、近くに住んでいる山岳会の会員で専業農家のGさんの手助けを借りて、大型トラクターで『開墾』する事になりました。

 その”開墾”を昨日実施して来ました。

開墾 (1)

開墾 (2)

開墾 (3)

<開墾作業>


 実際に耕うんを実施してみると、数年以上(?)放置した畑だけあって、草の根が大変な状況でした。
大型トラクタは流石馬力があるので草は大丈夫でしたが、畑の中に埋もれた大きな石で悪戦苦闘。
しかも私の持ち込んだ小型管理機(こまめ)は草の根株を巻き込んで、ほぼ2m毎に止まってしまい、こちらはもっと悪戦苦闘。
更にはエンジンが止まったので、ガス欠かと思ってガソリンを補給するも動かず、原因は石がローターに挟まって動かないことが判明。

それでもようやく一通りの”開墾”を終了しました。


 折しもこの日が、昨年より2週間遅れの満開の花々。
別荘の庭は草花や桜(江戸コヒガンザクラ)やツツジ、モクレンの開花も最盛期で、春の一番きれいな環境での農作業の1日となりました。
同時に隣の林の中にも、我が家の畑から掘り取った厄介者の”ワラビ”や”ホースラディシュ(レホール)”も大量に移植して来ました。(ほとんど廃棄処分の様な物です・・・ごめんなさい)

 折しもこの日は別荘に都会からの訪問客があり、作業を行わなかった人達は春の満開の花を愛でながら優雅に”花見の宴”を催していました。


花見 (1)

花見 (2)
<別荘の庭>


花見 (3) <花見の主役はこれ!>


2017.04.25
関連記事

Comment

畝立て、したんですね

 途中で失礼したので知りませんでしたが、畝立てをしたんですね。
我が家に、立ち寄ってくれた時、管理機に石が詰まって動かなくなった件、話されていたので、畝立てについては、いくらも進捗が無かったものと思い込んでいましたが、写真を見ると、結構しっかりと畝が出来ているので、吃驚しました。
 当方は、当日は、早退した後、昼ご飯まで(昼ご飯で、休憩中に訪問頂きました)と、その後、午後一杯をかけて、元田んぼの湿気対策の排水溝掘りの仕事を進めることが出来ました。中途半端な出席に、お詫び申し上げます。

No title

 大型トラクターのパワーはやはり凄いですね!
お蔭で助かりました、ありがとうございました。

”畝立て”は半分、”粉砕+溝切”だけやりました。
粉砕は楽でしたが、溝切りでは予想以上に草の根が張っていて、畝立て器とローターの間に詰まって難儀しました。
直ぐに草を拾っても、多分1~2年は草の方が勢力が強くて畑にはならないと思います。
これからが大変だと思います。
非公開コメント