つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

トレーニング開始

 3月に入って晴天続きで、気温も上がってきたので、今年の山登りの為にトレーニングを開始しました。

 この冬場は暖かかったにも関わらず、ほとんど運動もしなかった影響で、例年以上に体重増加です。(但し恐ろしくて体重計には乗っていません)
本日昼は異常に暖かかったので思い切ってトレーニングに行ってきました。
しかし最初から何時もの山道登りは無理なので、起伏の多い水平歩道を5kmほど歩いて来ました。

 この道は山の麓の沢をいくつも横断する道なのでアップダウンが沢山あり、思わず”インターバル速歩”の様な運動になってしまう道です。
本来のインターバル速歩は3分負荷を掛け、次の3分は負荷をなくす運動の繰り返しの様ですが、この山道は1分登って1分降る、30秒登って30秒降るといった運動の繰り返しです。
これが効果的な運動なのかどうかは分かりませんが、誰にも会わずに密かに行う事が出来るので気に入っています。


 本日は初日なので、その道の延長上にある、”福寿草園”に行ってきました。
途中から道が良く分からなくなったので、一旦200m位下まで降りて登り返すことになり、思いの外結構な運動量になりました。

福寿草園 (1)
<福寿草園1>

福寿草園 (2)
<福寿草園2>



福寿草園 (3)
<この福寿草は自然ではなく栽培している方が居るので、横から見ると一列に通りが揃っているのがやや興醒めです>



帰りは同じ道を帰らないといけないのですが(トレーニングにならない)、最大のアップダウンの道をショートカットしてしまいました。
(笑 ・・・笑い事ではないのですが)

 そのショートカットの道端で”フキノトウ”の群落を見つけました。
まだ日影には所々雪が残っている道で、フキノトウはこの一箇所だけでした。(美味しい春を見つけました!!)

福寿草園 (4)


2017.03.20
関連記事

Comment

非公開コメント