つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

凍みコンニャク

 遅ればせながらここで『凍みコンニャク』を作ってみました。

 今年も既に何回も”生芋コンニャク”を作りましたが、3月に入るとコンニャク芋も”ボケてくる”ので、残った生芋の処分時期になります。
そこで前から一度作りたいと思っていた『凍みコンニャク』を作ることにしました。

 ところが準備の為、冷凍庫の空きスペースを確認していたところ、昨年冷凍したコンニャク芋を見つけてしまいました。
3/19の日付が書いてあたので、丸1年前の代物です。
凍みコンニャク作りをしようと思ったのは生芋処分の目的でしたが、急遽1年間冷凍保存したコンンヤク芋の確認試験となってしまいました。


 冷凍コンニャク芋を凍ったまま摺り下ろし、何時もの浸漬法でコンニャク作りをしましたが、問題なくコンニャクが完成できました。
ただ外観的に、新鮮な生芋で作るような透明感と光沢はありませんでした。
出来たコンニャクは確りした弾力があり(硬いという事)、市販のコンニャクに近い味と食感でした。
丸1年間冷凍保存したコンニャク芋でしたが、十分食べられるという事が証明できました。


 さて”凍みコンニャク”ですが、もう少し早い時期なら、天然の寒さを利用して冷凍させることが出来るのですが、最近は最低気温がー2~3℃なので、安全の為冷凍庫で凍らせました。

凍みコンニャク (1)
 <スライスしたコンニャク>


凍みコンニャク (2)
<1晩冷凍庫で凍らせました>


凍みコンニャク (3)
<これをそのまま干し網に入れて乾燥>


凍みコンニャク (4)
<一日干ししたコンニャク: 一回毎に体積が3/4位に縮みます>


 一晩冷凍し、朝から1日外で干したコンニャクは夕方又水に浸して再度一晩冷凍庫で凍らせ、翌朝干し網に入れて乾燥させます。
これを1週間毎日繰り返しました。
この作業では毎日毎日重量及び体積が小さくなりました。


凍みコンニャク (5)
<完成した”凍みコンニャク”: 6gです>


 確り乾燥出来た”凍みコンニャク”は常温で50年は保存が可能な保存食だそうです。(今から50年は確認不能?)
今回の完成品では重量は最初の百分の一位になりました。(・・・ただし最初の重量は不確かです)
この結果『コンニャクは99%水分』と言うのはあながち嘘ではなさそうなことが分かりました。


 これを半日水に漬けて戻し、煮物にしてもらいましたが、味が確り浸み込み、非常に弾力のある食感はとてコンニャクとは思えないものでした。
コンニャクだと言われてみなければ、”少し硬い肉”と思って食べてしまうのではないかと思います。
この凍みコンニャク、食材としても十分ありです。




2017.03.30
関連記事

Comment

非公開コメント