つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

停電警報器

 先日の”夜間停電騒ぎ”を受けて『停電警報装置』を作りました。

 先日の1回目の”漏電停電”があった翌日の夜に2回目の停電があり、再度水道凍結防止帯の電源を深夜に接続し直す作業を小一時間やりました。
次の日の昼間に該当箇所の家電品を1台づつ検査しましたが、原因となっている機器はありませんでした。

 これまでの停電はタマタマ就寝前だったので、何とか緊急対応出来ましたが、これが就寝中であれば朝起きてから大騒ぎとなっていたと思います。
温かい季節であれば朝まで放置しても特に問題は無いのですが、今朝の最低気温はー9.6℃でした。
信州の冬はこれからが本番で最低気温が-10℃を下回るようになるので、夜中の停電を知らずにいると水道管の凍結破裂は免れませ。

 まだ原因が特定できていないので、今後停電が起きないという保証もありません。
又これまでの発生が夜間だけなので、今後夜の就寝中に停電が起きた時の対策を検討していました。


 そこで今回作ったのがこの『 停電警報器 』です。

a-停電警報機1
<材料一式: 全てジャンク品で投資金額¥0>

 これは常に商用電源(100V)に繋いでおいて、停電するとスイッチが入って、内臓乾電池駆動でメロディーICと圧電スピーカーから音楽が鳴るという単純な回路です。
全てジャンク品(家電からの剥ぎ取り品)で造りましたが製作時間3時間掛かりました。


<使用部品>
 ・メロディーIC : 子供が小学生の時に購入していた雑誌の付録 (「キラキラ星」のメロディー・・・偶然ですが深夜にふさわしい曲です?)
 ・ソリッドリレー : 5V用、自作電柵電源の製作途中で破壊した物、2回路の内1回路はOK
 ・電源アダプタ : 昔使っていた”ガラケイ”の充電電源 (5.2V、.650mA)
 ・圧電スピーカー、スイッチ類、電池ホルダー : 廃家電からの剥ぎ取り品
 ・ケース  : DIY部品の容器


a-停電警報機
<完成品: テスト用のスイッチを付けた改良型です >



 最初電源を切るスイッチを付けなかったので、作動しているか見るのにいちいちコネクタから電源アダプタを抜いてテストしていましたが、後からスイッチを追加したので設置状態で簡単に動作チェックすることが出来、常時設置出来る優れものとなりました。

 まだ設置2日目ですがまだ作動していません。
こんな装置が出来ると一度鳴って欲しいとも思いますが、作動すればしたで後の処置が大変になるので鳴らないで欲しいのが実際のところです。


2017.01.24
関連記事

Comment

非公開コメント