つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

蕎麦製造器

 近頃”製麺機(ヌードルメーカー)”なる家電製品に人気があるようで、少し前にTVでも特集していました。
又手動式の”パスタマシン”という製麺道具も売れているとの事です。
これら機械や道具では蕎麦やうどん、パスタまで簡単に作ることが出来、且つ十分美味しいとのことです。(NETの書き込みやTVですから、イマイチ信用できませんが・・・笑!)


mmi_noodle_03.jpg そば楽
<電動式ヌードルメーカー /  手動式ヌードルメーカー ( これは蕎麦を作る道具です )>



 そこで 『蕎麦製造器(絞り器)』なるものを造ってみました。

 大分前の事ですが遠出をした折、ある蕎麦屋のご主人から”蕎麦の実から直接蕎麦を作る秘策”という話を聞き、実際試作機を見せてもらいました。(・・・秘密だが特別にと言っていましたが?)
それは殻を取った蕎麦の実(玄蕎麦)を機械で潰して、それを筒に入れてプレス機でノズルから押し出して蕎麦にする製法でした。


 手動式の絞り出し道具の原理は私が先に造った”糸コンニャク製造器”とほとんど同じ様な仕様の機械なので、これを使って蕎麦を作ってみることにしました。


蕎麦絞出し器 (1)

<試験: ゴンボッパ蕎麦です>


蕎麦絞出し器 (3)
<絞り出し: この装置には力が無くこれ以上の絞り出しは無理でした>



 コーキングガンの引き金はテコの原理を使っていて、結構な力があるはずなのですが、この道具でも蕎麦の押し出しでには非力で全く押し出し出来ません。
今回作ったのが”ゴンボッパ蕎麦”で、この繊維は包丁で切るにも苦労しますから、コーキングガン程度の力では無理な様です。(・・・大失敗!)

 十割蕎麦を作るのは中々大変なので、手抜き(”ズクナシ”)をしようと考えたのですが、大失敗でした。
やはり蕎麦は時間を掛けて丁寧に作らないといけません!

 今回試験に使った蕎麦は改めて、のし棒で延ばして”蕎麦クレープ”の様に焼いて美味しく頂きました。



2017.03.10
関連記事

Comment

No title

そば生地は粘度が高いのですね。驚きました。
ダルマジャッキか油圧ジャッキの助けを借りても、塩ビのシリンダーが耐えられるか?

肉挽き器(ミンサー)のカッター羽を外したら押し出せないでしょうか。螺旋で押し出すので出てきそうに思いますが…。
これで力不足なら、味噌挽き器があるけど、太過ぎそうですね。穴空きのプレート(目皿)を作るのは手間がかかりそうだし。
非公開コメント