つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

玉コンニャク製造器

 先に”コーキングガンを使った糸コンニャク製造器”の記事を投稿しました。
その時玉コンニャクを作る器具も同時に載せました。

 その器具を使って玉コンニャクを作ったのですが、これは半ば成功、半ば失敗となりました。
失敗の理由は、”均一な大きさの玉が出来なかった事”。
コーキングガンの引き金(トリガ)のストロークを何時も同じに調整出来ない事で、押し出す量にバラツキが出てしまうのが原因でした。


 そこで早速改良しました。
引き金にストッパー(度当たり)を付け、絞り出し量を常に一定に「しました。(ネジ式で量の調整が可能)


a-a-IMG_2729.jpg
<ストッパー付コーキングガン: 合わせて穴径を大きくし、5穴→4穴に変更/糸コンニャク用も穴数削減しました>


 
 この改良で”玉コンニャク”を簡単に且つ均一に作ることが出来るようになりました。
これまでの製造器だと糸コンニャク製造においても、原料を作ること自体が非常に面倒でした。
今回の装置は道具を作るのも容易ですし、製造に使う原料(コンニャク糊)の状態を選ばずどんな出来の材料でも、誰にでも使いこなすことが出来るものになったと思います。


 以前2号機を友人のF君に1台進呈しましたが、多分使いこなせなかったと思いますので先日早速新しいのを持って行って交換してきました。

2016.02,15
関連記事

Comment

非公開コメント