つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

新型”糸コンニャク製造器”

 漏電騒ぎで遅れていた、今年最初のDIY作品が出来ました。

『糸コンニャク&玉コンニャク製造器』です。


糸コンニャク製造器 (2)
<第3弾糸コンニャク製造器>


 この ”糸コンニャク製造器”、ひょんなことから出来上がりました。
しかもこれは”手作りコンニャクの世界”では”ディファクトスタンダード”になりそうな完成度の高い道具だと自負しています。(??・・・それはどうだか、期待はしていますが)


 今回の製造道具で第3弾になりますが、全くの偶然の産物でした。
昨年末から”モルタル充填器”の改良を考えていて、詳細設計に入る前に材料調達の為HCを巡っている最中に閃きました。
しかしこちらの方が先に出来上がってしまいました。(基本はモルタル充填器と同じです)


 ”手作りコンニャク”を始めてから、親戚や知人に差し上げることもありますが、中には「コンニャク作り大変でしょう。買った方が安いんじゃないの?」と言う人が居ます。
これはその通りです。
コンニャク作りは結構時間が掛かり、且冬場でも大汗を掻くほど大変な重労働です。 (・・・?)
しかし市販のコンニャクは機械化されているので、本当にガッカリするくらいの安値です。
ですから価格的には、はっきり言って買った方がはるかに安いです。
今回苦労して作った”糸コンニャク”程度の量なら、市販品では¥80~100位だと思います。

 それでも何故手造りなのか? ・・・美味いからです!!
差上げた人からは、「これを食べると、買ったものなんか食べられない。」と云う人が居ます。(お世辞が半分以上あると思いますが)
そんな声を励みにまだまだ新たな挑戦をしています。


a-糸コン製造器1号
<糸コンニャク製造器: 第1弾>



a-糸コン製造器2号
<糸コンニャク製造器: 第2弾>


 これまでの製造器でも辛うじて糸コンニャクを作ることが出来ましたが、成功率が低く中々やる気になりませんでした。(原料のコンニャク糊の出来次第ですが、成功率は第1弾が3回に1回程度、第2弾が3回に2回程度)

 

糸コンニャク製造器 (1)
<コーキングガンを使った新糸コンニャク製造器: (上)失敗した1号機、、(下)成功した2号機>


 最初に使ったコーキングガン式1号器)は小さ過ぎて失敗でした。(これが一般的なコーキングガンのサイズです)
どうせなら格好良い器具にしたいと思って少々値段が高いコーキングガンを選定したのですが残念でした。
原因はΦ50mm塩ビパイプ(VU40)を使ったシリンダーは径が小さいので、コンニャク原料を詰めるのが非常に大変でした。(但しこれで使えそうな事だけは分かりました)

 そこで大型コーキングガン(モルタル充填器用に考えていた物)を使った2号機を作りましたが、こちらは大成功でした。
おまけに”先端ノズル”の交換で”玉コンニャク”も作る事の出来る優れものとなりました。


a-DSCN9381.jpg
<2号器で製造に成功した”糸コンニャク”と”玉コンニャク”です>



 製作方法は「追記」に載せました。
興味のある方だけ御覧ください。

<<続く>>
~~~~~~<『糸コンニャク』製造器製作>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■今回の”糸コンニャク製造器”の製作はあっけない程簡単でした。 



糸コンニャク製造器 (3)
<糸コンニャク製造器の材料: ①大型コーキングガン、②VU50塩ビパイプ、③#50排水キャップ、④#50ソケット>


糸コンニャク製造器 (5)
<絞り出し口(排水キャップ): CADで設計して穴明け(穴径Φ2..5mm×61穴)>


糸コンニャク製造器 (4)
<玉コンニャク用絞り出し口: 穴径10mm×5穴>


 ◇今回の材料費合計金額  : ¥920 /一式(シリンダー2本含む)
 ◇製作時間           : 約2時間


以上
関連記事

Comment

非公開コメント